KDDI、Scrum Inc.社との業務提携を強化

〜KDDIと永和システムマネジメントが共同で「スクラム」の手法に準拠したアジャイル開発のノウハウをお客さまへ提供〜

 

 KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下 KDDI)は、2018年3月19日、アジャイル開発手法の1つである「スクラム(注)」を日本に普及し、デジタル・トランスフォーメーションを目指す法人のお客さまを支援することを目的に、Scrum Inc.社(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、CEO:JJ Sutherland、以下 Scrum Inc.)と、業務提携を強化したことをお知らせします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 現在、デジタル・トランスフォーメーションにより、ビジネス拡大のためのIT活用が進む中、企業では意思決定のスピードアップや効率化が求められており、新規ビジネスを素早くスモールスタートで始め、スケールアウトさせることが可能なアジャイル開発手法のニーズが高まっています。KDDIは2017年2月より、Scrum Inc.社ならびに日本のアジャイル開発を牽引する株式会社永和システムマネジメント(本社:福井県福井市、代表取締役社長:平鍋 健児、以下 永和システムマネジメント)と、アジャイル開発の教育セミナーを実施してきましたが、今回のScrum Inc.との業務提携強化により、Scrum,Inc.の手法を取り入れたアジャイル開発支援を拡充し、永和システムマネジメントと共同で、日本人講師によるアジャイル開発教育セミナーの開催やアジャイル開発の立ち上げからアジャイルな組織運営手法の定着に至るまで幅広いスクラムチーム支援を行ってまいります。

 Scrum Inc.のCEO JJ Sutherlandおよびスクラムの共同考案者でありScrum Inc.のプリンシパルコンサルタントであるDr.Jeff Sutherlandは次のように述べています。

 「最もイノベーティブなグローバル企業のひとつであるKDDIと日本におけるパートナーシップを発表することに大変興奮しています。KDDIとScrum Inc.は、根本的なレベルでビジネスにアジリティをもたらす完璧な組み合わせです。日本企業がグローバルな世界で対等に張り合っていくためには、新しい仕事のやり方を受け入れなければなりません。そのために、スクラムの手法が日本企業発展のお役に立てると考えています。」

 KDDIと永和システムマネジメントは、今後もアジャイル開発のノウハウを提供することを通してデジタル化による企業の変革を支援していきます。

 ・Scrum Inc.社

  https://www.scruminc.com/

■別紙:KDDI、Scrum Inc.社との業務提携を強化

<別紙>

1.アジャイル開発支援の拡充について

 KDDIでは、Scrum Inc.より「スクラム」のトレーニングおよびコーチングノウハウを継承することにより、今後、日本でのアジャイル開発のトレーニングおよびコーチングの経験が豊富な永和システムマネジメントと共同で以下を実施します。

(1)Scrum Inc.の認定資格セミナー開催を増設

 KDDIと永和システムマネジメントはScrum Inc.の講師を招き、2017年2月以降に計4回、同セミナーを開催し、のべ400名以上の方にご参加いただきましたが、2018年度は、Scrum Inc.の講師だけでなく、Scrum Inc.からのノウハウをもとにKDDIと永和システムマネジメントの日本人講師が日本国内のお客さまに合わせたセミナーを開催します。

 ●Scrum Inc.認定資格スクラムマスター(LSM)研修

  主な対象者:開発チームリーダー/マネージャー

  内容:アジャイル開発チームの立ち上げや開発推進手法について

  費用:20万円(税抜)/人

 ●Scrum Inc.認定資格スクラムプロダクトオーナー(LSPO)研修

  主な対象者:ビジネス企画担当者

  内容:アジャイル開発におけるサービス要件の定義手法について

  費用:20万円(税抜)/人

 ●Scrum Inc.認定資格Scrum@Scale(TM)研修

  主な対象者:マネージャー/経営層

  内容:組織全体にスクラムを採用し、アジリティを向上する組織運営方法について

  費用:20万円(税抜)/人

(2)Scrum Inc.の手法によるアジャイル開発チーム支援を新規に開始

 スクラムの手法に基づくアジャイル開発の実践経験やコーチ実績が豊富なスクラムコーチが、お客さまの企画段階からシステム開発までを一貫して支援し、お客さまが社内でアジャイル開発を実践できるようになるまで継続して支援します。今後、デジタル・トランスフォーメーションに取り組むにあたっては、小規模なアジャイル開発チームの立ち上げだけではなく、ビジネスをスケールアウトさせていくための仕組みが必要となりますが、KDDIと永和システムマネジメントでは、Scrum Inc.の手法に基づき、事業全体でアジャイル開発を進めていくための組織運営も支援していきます。

<参考>

■KDDIについて

(1)商号

 KDDI株式会社

(2)事業内容

 電気通信事業

(3)設立年月日

 1984年6月1日

(4)本社所在地

 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー

(5)代表者

 代表取締役社長 田中 孝司

(6)資本金

 141,852百万円

(7)社員数

 35,032人(連結ベース 2017年3月31日現在)

(8)概要

 KDDIは、法人のお客さま向けに、ネットワーク、モバイル、クラウド、音声といった豊富なサービスをワンストップで提供し、お客さまのビジネス環境を支えるICTソリューションを支援しております。また、IoTビジネス環境の構築においても、ご利用目的に応じたサービス・ソリューションを提供することで、さまざまなニーズにお応えしているほか、新規事業の創出、共創するソリューションにも取り組んでいます。

■株式会社永和システムマネジメント

(1)商号

 株式会社永和システムマネジメント

(2)事業内容

 ソフトウェア開発

 ソフトウェア開発技術に関するコンサルティングおよび教育など

(3)設立年月日

 1980年8月11日

(4)本社所在地

 福井県福井市問屋町3丁目111番地

(5)代表者

 代表取締役社長 平鍋 健児

(6)資本金

 61百万円

(7)社員数

 217人(2017年7月現在)

(8)概要

 100社以上の国内ユーザー企業に対して、アジャイル開発をベースとしたシステム開発や教育・コンサルティングを行っています。お客さまと開発者の双方にとって有益になることを目的としている同社のアジャイル開発は、手法や方法論ではまとめきれない実践知と価値観、それを届ける人で構成されています。この度のアジャイル教育プログラムにおいて、プログラムの日本向けカスタマイズと運営管理を実施します。

 注)スクラムとは、Scrum Inc.社のDr.Jeff Sutherlandが提唱したアジャイル開発の手法の一つで、企画と開発が一体となった小規模チームがお客さまのフィードバックを得ながら高速に繰り返し開発を行い、イノベーションを実現する手法です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474718_01.jpg