株式会社LOGICAとの資本提携に関するお知らせ

 

 当社は、仮想通貨のポートフォリオ管理ツール「Coinboard(コインボード)」を開発・提供する株式会社LOGICA(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松永 大、以下「LOGICA」)との資本提携を行うことを決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

    記

1.資本提携の理由

 当社は、スマートフォン端末をメインデバイスとするインターネットメディアを企画・開発し運営することを主業としており、利用者に対して電子マネー等に交換可能なポイントをインセンティブにインターネット上の様々なアクションを促し収益を得ております。国内最大級のスマートフォン向けポイントサイトであるモッピーに加え、モバトクとお財布.comを運営しております。

 一方、LOGICAは、仮想通貨のポートフォリオ管理ツール「Coinboard(コインボード)」の開発・提供を行っております。昨今、日本国内でも仮想通貨取引所の利用者が増加傾向にあり、仮想通貨取引も活発になってきております。一方で、複数の仮想通貨取引所を利用しているユーザーにおいては、仮想通貨の価格や残高のチェックにかかる負担が大きく、複数の仮想通貨取引所で保有している仮想通貨を一括で管理可能なポートフォリオ管理ツールへのニーズが高まっております。従来の仮想通貨ポートフォリオ管理ツールは、手動で仮想通貨の取引にかかるデータを入力する仕様が主流となっておりますが、Coinboard(コインボード)はAPI(Application Programming Interface)(※)にて仮想通貨取引所と連携させることができ、自動で取引履歴や残高といったデータの更新が行われる仕様となっております。

 当社では、現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスを運営しており、そのポイントは一種の仮想通貨(トークン)であると定義しています。そのため、グローバルに普及している仮想通貨・ブロックチェーン技術とは、非常に親和性が高いと考えております。非現金決済社会(=トークン・エコノミー)が進む中で、当社はポイントサービスを運営するとともに、ビットバンク株式会社の持分法適用関連会社化、仮想通貨取引事業を行う子会社である株式会社マーキュリーの設立等、仮想通貨・ブロックチェーン関連への事業展開を積極的に行ってまいりました。今回のLOGICAへの出資を通じて、一層、仮想通貨関連事業を推進していくとともに、仮想通貨(トークン)・ブロックチェーン技術においてビジネスシナジーの可能性を追求してまいります。

 ※あるWebサービスが持つ機能やデータを他のサービスで使えるようにするための仕組みを指します。

 *以下は添付リリースを参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474249_01.pdf