NI、サブ6 GHzの5G New Radioに対応するテストソリューションを発表

3GPPのリリースに準拠した新たなソリューションにより、

市場投入時間の短縮と製造テストのコスト削減を促進

 

 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:コラーナ マンディップ シング、以下日本NI)は2018年3月13日、6GHz以下(サブ6GHz)の周波数帯に対応する5Gテストソリューションを発表します。同ソリューションは、3GPP Release 15で標準化された5G New Radio(NR)に準拠しています。

 5G NRのサービスインを目前に控え、6GHz以下の周波数帯に対応する5G RF コンポーネントやデバイスの開発が進められています。5Gの普及に向けた取り組みが加速する中で、これらのコンポーネントやデバイスを開発・製造するベンダは、製品をいち早く市場に投入しようと、激しい競争を繰り広げています。この度NIがリリースする5G NR対応テストソリューションは、費用対効果に優れ、高いテスト性能を特長としています。同ソリューションの採用により、エンジニアは新たな設計の特性評価を短時間で完了できるだけでなく、一貫したアプローチの下、製品開発から製造までのあらゆるテストをシームレスに進めることができます。

 NIの5G NR対応テストソリューションは、特に3.3〜4.2GHz帯と4.4〜5.0GHz帯で動作する広帯域RFICのテストに適しています。1GHzの瞬時帯域幅に対応し、6GHzまでの周波数帯をカバーするベクトル信号トランシーバ(VST)「PXIe-5840」を使用すれば、400MHz以上の連続信号帯域幅で動作するデバイスをテストできます。NIVSTは、様々な計測を高速に行えるだけでなく、100MHzのNR信号に対して0.32%(-50dB)を超える残留EVM性能を備えています。

 そして、このソリューションの重要なコンポーネントが、3GPP標準規格とともに進化してきたRF計測ソフトウェアライブラリ「NI-RFmx」です。NI-RFmxは、3GPP Release15で規定される5G NR波形の生成・解析機能を備えており、15kHz〜120kHzのサブキャリア間隔を持つOFDMAならびにDFT-s-OFDMのキャリアアグリゲーション波形をテストすることができます。

■NIのRF/ワイヤレステスト担当ディレクタJason Whiteのコメント

 「NIはこれまで、5G技術の迅速な市場投入を後押しするため、様々なイノベーションを世に送り出してきました。

 今回、そのようなイノベーションのラインナップに、5Gテスト向けの新製品が加わりました。NIのテストアプローチは、新たな通信規格にも対応できる高性能なRF計測機能に加え、高速実行対応し、かつ柔軟性の高い計測ソフトウェアからなっています。このアプローチを採用することで、エンジニアは計測器や自動計測プログラムといった資産を、評価から製造検査にいたるまで様な工程のテストで再利用できるようになります。その結果、各工程でのテスト開発工数が削減されるだけでなく、工程間でのテスト結果の相関取りの負担が軽減され、市場投入期間の短縮が可能となります。」

 今回発表した5Gテスト用の新技術は、2G、3G、LTE-Advanced Pro、WiFi 802.11ax、Bluetooth 5などを対象とする測定ソフトウェアを含む、RF/半導体テスト用の製品ポートフォリオに組み込まれます。エンジニアは、NI VSTを、DCからミリ波までを網羅する600種類以上のモジュール式PXI製品と組み合わせて使用することにより、包括的な半導体特性評価/製造テストシステムを構築することができます。

 5G NR規格とNIのソリューションについては、http://www.ni.com/5g/nrをご覧ください。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■日本ナショナルインスツルメンツについて

 ナショナルインスツルメンツ(NI)は、ソフトウェアを中心としたプラットフォームで世界中のエンジニア/研究者の生産性向上とイノベーションを後押ししてきました。NIのプラットフォームには、モジュール式のハードウェアと、拡大を続けるNIのエコシステムも含まれます。定評のあるNIのアプローチを採用することで、ユーザは、テスト/計測/制御に関連するシステムの設計を一段と加速することができます。NIのソリューションは、ユーザが求める要件を超える高性能なシステムの構築、ニーズの変化や技術の進歩への迅速な対応を可能とし、ひいては社会の発展に寄与します。日本ナショナルインスツルメンツ(http://japan.ni.com)は、NIの日本法人です。

 National Instruments、NI、ni.comはNational Instruments Corporationの商標です。

 その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474080_01.png