システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

ジャストシステム、「動画&動画広告月次定点調査 2017年総集編」を発表

2018/03/07 ジャストシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画&動画広告月次定点調査 2017年総集編

SNSに動画コンテンツを「毎日、投稿する」人が、ここ半年で2倍以上に

〜動画コンテンツの視聴デバイスとして、「スマートフォン」が増加〜

■調査結果サマリー

 SNSで動画コンテンツを「毎日、投稿する」人は、半年で2倍以上に

 SNSで動画コンテンツを投稿すると回答した人のうち、2017年度6月度調査では「毎日、投稿する」人は6.4%でしたが、12月度調査では14.8%と2倍以上となりました。一方で、「投稿することもあるが、1カ月に1日未満」と答えた人も6月度調査の30.9%から、12月度調査では39.5%と増加しました。

 ※グラフ資料は添付の関連資料を参照

 動画コンテンツの視聴デバイスとして「パソコン」が減少し、「スマートフォン」は増加

 年末年始、動画を最も視聴したデバイスは「テレビ」

 インターネットのTV視聴サービスの利用率は、「GYAO!」が首位

 動画配信サービスの認知率トップは「kurashiru」

 2017年に、最も視聴された動画ジャンルは「娯楽(ゲーム・趣味など)」

 レシピ動画の利用状況は「クックパッド」が60.0%、「DELISH KITCHEN」が53.1%

 スポーツ動画配信サービスの利用率は「スポーツナビ」が首位

 約7割が、「外出先でのWi-Fiルーターの速度が遅い」

 約半数が、「4K動画に興味がある」

 株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に『動画&動画広告月次定点調査』を、2017年6月から毎月1回実施しています。このたび、2017年6月から12月までの調査データをまとめて分析し直し、その内容を『動画&動画広告月次定点調査 2017年総集編』として発表します。

 調査データをすべて収録した288ページのレポートを、自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 動画の視聴頻度や利用デバイスなどの基礎データから、その時々のトレンドの実態まで、さまざまな項目に渡って調査を実施しています。

■調査概要

 2017年6月〜2017年12月の間、毎月1回実施

 調査対象:Fastaskのモニタのうち、15歳から69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)。

 調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

■今回調査した設問項目

 ・普段、動画コンテンツを視聴するデバイスについて、あてはまるものをすべて選んでください。

  (パソコン/タブレット型PC/ スマートフォン/ガラケー(従来型携帯電話)/あてはまるものはない)

 ・SNSで動画コンテンツを「投稿」する頻度について、最もあてはまるものを選んでください。

 ・テレビを含む、あらゆるデバイスの中で、この年末年始に最も「長時間」動画コンテンツ(テレビ番組や映画などの有料コンテンツを含む)を視聴したデバイスについて、あてはまるものを選んでください。

 ・Instagramの「ゲストライブ機能」について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・インターネットを使用した「TV番組視聴サービス」につて、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・動画配信サービスについて、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・2017年を振り返って、視聴した動画コンテンツのジャンルの中で、最も視聴頻度が多かったと思うジャンルをひとつ選んでください。

 ・レシピ動画アプリについて、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・スポーツの動画やライブ配信を見ることができる動画サービスについて、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・モバイル用の「Wi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)」について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 ・高精細な映像を見ることができる「4K動画」について、あなたの状況にあてはまるものを選んでください。

 *記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

 

◆読者からのお問い合わせ先:

 インフォメーションセンター

 TEL:03-5324-7624、06-6886-9300

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0473624_01.png

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ