INTELLILINK AI Labを設立

〜AI/Deep Learning環境の体験を通じてビジネスでのAI活用を支援〜

 

 NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、以下:NTTデータ先端技術)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)および日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、以下:日本IBM)の協力のもと、お客さまにAI技術を実践、活用してもらうための組織および場として「INTELLILINK AI Lab(TM)(インテリリンク エーアイ ラボ)」を2018年2月20日に設立します。

 「INTELLILINK AI Lab」は、日本IBMが提供するIBM WatsonのテクノロジーをベースにNTTデータ先端技術が有するシステム基盤スキル、NTTデータが有するアプリケーション開発スキルを活かし、ユーザーが想定するAIソリューションを直接『見て・触れて』、活用へつなげる環境として提供します。

 これにより、AI導入を検討していたお客さまは、AIに関するさまざまな製品やサービスに触れ、ユースケースを知ることを通して、自社の課題解決に必要な取り組みを具体化し、推進することが可能となります。

 今後「INTELLILINK AI Lab」では、技術者の増員やデモ体験エリアの拡充などを進め、お客さまのさらなるAIのビジネス活用を支援します。

【背景】

 昨今、企業におけるAI活用への関心が高まっています。大手リサーチ会社の調査結果(*1)では、国内AI市場における2016年〜2021年の年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は約2500億円と予測されています。また同調査結果では、57.4%の企業が、AIが自社のビジネスに何らかの影響を及ぼすと回答しています。一方で、現在AIを利用している企業は全体の1割にも達しておらず、利用していない企業の3割以上は活用方法が分からず、これから理解を深めていく段階にあるとの結果が出ています。

 AIをビジネスや業務へ活用したいというニーズは強いものの、導入・活用に踏み出すにあたっては、お客さまがAI導入のイメージを持つきっかけとなるユーザー体験の提供が必要と考えられます。

 このような背景のもと、NTTデータ先端技術は、NTTデータ 技術開発本部 エボリューショナルITセンタおよび日本IBMの協力により、「INTELLILINK AI Lab」を立ち上げることとしました。

【概要および特長】

 「INTELLILINK AI Lab」では、AIを『見て・触れる』体験の場を提供するとともに、専任スタッフによる技術動向や活用方法のさまざまな相談や、導入に向けた実証実験などのノウハウの提供など、AI活用に関するサポートを一元的に支援します。

 すでに全世界45か国の企業や組織に導入されているIBM Watsonを中心に、お客さまの課題・ニーズに応じたAIソリューションの選定・検証・導入までのサポートを行い、お客さまのビジネス拡大に貢献できるソリューションを提供します。

 ※以下は添付リリースを参照

 *IBM、IBM Watsonは、International Business Machines Corp.の商標です。

  IBM Watson(日本語版)公式ホームページ:https://www.ibm.com/watson/jp-ja/

 *「corevo」は日本国内における日本電信電話株式会社の登録商標です。

 *その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472055_01.pdf