IoTセキュリティの標準化に向けたコンソーシアムを設立

〜IoTセキュリティに関する技術の開発・実証及び標準化を推進〜

 

 アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、このたび、一般社団法人 組込みシステム技術協会(本部:東京都中央区、会長:竹内 嘉一、以下JASA)のご支援により、安全性向上委員会(委員長:漆原 憲博)の情報セキュリティワーキンググループとして、「kusabiコンソーシアム」を設立いたしましたので、お知らせします。

 kusabi(楔)(R)とは、ブロックチェーン技術による電子証明システム(特許出願中)と、独自のデバイスプロビジョニング技術(特許出願中)により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現する画期的なサービスです。

 「kusabiコンソーシアム」では、JASA会員をはじめとする企業・団体ならびに有識者の皆様のご協力を得て、実証実験の対象となるIoTデバイスを拡大し、kusabi(楔)(R)を活用したIoTセキュリティに関する技術の開発・実証及び標準化等の推進を目的に設立されました。

 具体的にはPDCAサイクルにて運用し、IoTデバイスとOTA(Over The Air)で接続するkusabi(楔)(R)のプロビジョニングサーバーのAPI(Application Programming Interface)を本コンソーシアムメンバーと協働で策定することにより、現場のビジネスユースを踏まえて、標準化を図ります。また、本コンソーシアムの成果は、外部にもアナウンスしていく予定です。

 ※図は添付の関連資料を参照

 本コンソーシアムは、設立の目的に賛同する企業、団体、有識者等をメンバーとして構成されており、初年度の幹事企業ならびにアドバイザリーは以下の通りです。

 幹事企業(五十音順):

  ・アイビーシー株式会社

  ・株式会社ジェーエフピー

  ・株式会社 日立産業制御ソリューションズ

 アドバイザリー(外部の有識者や専門家):

  ・情報セキュリティ大学院大学 大久保 隆夫 教授

  ・地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター プロジェクト事業推進部 IoT開発セクター

<企業情報>

 IBCは、2002年の設立以来、性能監視分野に特化した事業を展開しており、ネットワークシステムの稼働状況や障害発生の予兆などを把握するネットワークシステム性能監視ツールの開発・販売及びコンサルティングを手掛けています。

 【社名】アイビーシー株式会社

 【本社】〒104-0033 東京都中央区新川1丁目8番8号 アクロス新川ビル8F

 【代表者】代表取締役社長 加藤 裕之

 【設立】2002年10月

 【事業内容】

  ・ネットワークシステム性能監視ツールの開発/販売/サポート

  ・ネットワークシステムの性能評価サービス

  ・ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング

  ・各種機器、ソフト販売

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471926_01.jpg