イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」の研究開発が進展

〜中継先において競技空間を取り囲む新しい視聴体験を実現〜

 

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下、NTT)は、あたかもその場にいるかのような超高臨場な体験をあらゆる場所でリアルタイムに感じることができる世界を目指すイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」のコンセプトを2015年2月に発表しました。

 これまで、スポーツやエンターテイメント分野での実証等を通じて、研究開発を進展させてきましたが、今回、これまでの一方向からのみの視聴形態を拡張し、中継先において競技空間を取り囲む新しい視聴形態「Kirari! for Arena」を実現しました。

1.Kirari! for Arenaについて

 競技空間を複数のカメラで取得して世界に伝送し、中継先で再構成することで、多方向から多人数で競技を観戦する新しい観戦スタイルを提案します。

 Kirari! for Arenaでは、中継元で選手の映像に加えて位置情報を把握することで、従来、主に左右方向の動きによる臨場感の再現であったものが、奥行き方向を含めた前後左右の自然な動きによる臨場感の再現が可能となり、多方向から多人数で観戦する形態で、競技会場をあたかもそこへ再現したかのような空間を実現しました。

(図1)Kirari! for Arenaの利用イメージ

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471824_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471824_02.pdf