一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会

Webサイト(http://smca.or.jp/)開設のお知らせ

〜SNSを利用した相談窓口の開設や情報発信により、自殺やいじめ等の防止対策を実施〜

 

 一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会(代表理事:江口清貴、三川 剛)は、Webサイト(http://smca.or.jp/)を開設しましたのでお知らせします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会は、SNS関連事業者、電話相談事業者、カウンセラー、研究機関、教員らが幅広く連携し、SNS相談員のスキル向上の研修・SNS相談のノウハウの研究・高品質なSNS相談の普及等を目的に、LINE株式会社、トランスコスモス株式会社を代表理事として、2017年12月6日に設立しました。

 現在、厚生労働省の自殺対策強化月間(3月)(*)に向けて、SNSでコミュニケーションのできる相談員を養成するため、SNSカウンセラーの共同研修会の開催などを行っています。今後Webサイトでは、このようなSNSカウンセラー向けの研修やセミナー、行政関連のワークショップの参加報告、協議会の諸活動などについて積極的に発信を行っていきます。

(*)厚生労働省 自殺対策強化月間とは

 最近の自殺をめぐる厳しい情勢を踏まえ、様々な悩みや問題を抱えた人々に届く「当事者本位」の施策の展開ができるよう、政府全体の意識を改革し、一丸となって自殺対策の緊急的な強化を図るため、自殺総合対策会議において、「いのちを守る自殺対策緊急プラン」を決定し、例年、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定めました。

 自殺対策強化月間では、地方公共団体、関係団体等とも連携して、重点的に広報啓発活動を展開するとともに、関係施策を強力に推進するため、経済団体、労働団体、関係する職能団体、当事者等の団体及び支援団体、関係する学会、直接自殺対策に関係する活動を行っている団体以外の、広い意味での自殺対策に資する活動を展開している団体及び自殺対策に関する普及啓発事業等に協力することのできる全国組織・体制を有する団体等、できる限り幅広い団体からの協賛を得て、当事者が支援を求めやすい環境を作るための「生きる支援」として展開することとしています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471705_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471705_02.pdf