凸版印刷とTIS、サイバーセキュリティ分野で協業

機密情報をサイバー攻撃から守るセキュリティ対策の運用受託サービスを提供開始

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野徹、以下 TIS)は、企業が事業活動で取り扱う機密情報をサイバー攻撃から守るセキュリティ対策の運用受託サービスで協業し、2018年3月よりサービス提供を開始します。

 本協業では、凸版印刷が約20年にわたり官公庁や自治体、金融機関など幅広い業界から個人情報を取り扱ってきたバックオフィス業務の受託サービスで蓄積した、情報をセキュアに管理する仕組み・ノウハウと、TISが1999年から開始したセキュリティのコンサルティングから対策ソリューションの提供などで培った知見や全世界から収集するサイバー攻撃に関する脅威情報の検知・対策・予防ノウハウを融合。官公庁・金融機関から一般事業会社まで、機密情報に対してサイバーセキュリティ対策の高度化が必要となる幅広い業界の企業に対し、共同でサービスを提供していきます。

<本協業における提供サービスの概念図>

 ※添付の関連資料を参照

■協業の背景

 標的型攻撃に代表されるサイバー攻撃はより高度化・巧妙化し、グローバルかつリアルタイムな対応が求められ、日本企業もサイバー攻撃の脅威にさらされています。さらに、企業のIT環境の多様化に伴い、制度面・運用面でもセキュリティ対策は複雑化し、従来型の対策では防ぐことが困難になっています。しかし、高度なセキュリティ知識を持つ専門家は2020年には19万人不足すると言われており、セキュリティ対策の自社運用に課題と限界を感じる企業が増えています。

 これらの課題を解決するため、個人情報など機密情報関連業務の受託でサイバーセキュリティ対策を強化してきた凸版印刷と、最新のマネージドセキュリティサービス(MSS)を提供するTISが、今後も需要拡大が見込まれる企業のセキュリティ対策について総合的なサービスの提供を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

 *本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

以上

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

本協業における提供サービスの概念図

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471690_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471690_02.pdf