『AI Knowledge Voice』APIの活用によりスマートスピーカー向けの音声Q&Aアプリを順次提供

スマートスピーカーを通じて、3,600万件以上のQ&AデータベースからAIが音声で質問に回答

 

 日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、当社のAI(人工知能)技術である『AI Knowledge Voice』APIを活用した音声Q&Aアプリを開発しました。同アプリを用いて昨今話題のスマートスピーカー(AIスピーカー)にて音声でQ&AができるAIサービスを順次展開していきます。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 このたび当社が開発した音声Q&Aアプリは、Q&Aサイト「OKWAVE」上に蓄積した3,600万件以上の多種多様なQ&Aデータベースを学習した当社開発のAI「KONAN」を土台としています。そこに聞き返しや感情を読み取りながら最適な回答を返すことができる対話型AIエージェントサービス「OKBIZ.AI Knowledge」をAPI化した『AI Knowledge Voice』を活用し、「Google Home」や「Amazon Echo」(音声サービスAlexa)など、各社のスマートスピーカーの音声認識機能と併用することで日常会話の感覚で利用できるように最適化しています。『AI Knowledge Voice』APIならではの特長として、「OKBIZ.AI Knowledge」と同様に、言葉の意味を捉えながら情報を探す機能、対話者の感性を読み取った返答や対話内容を機械学習し、状況に最適な振る舞いを選択するなど様々な機能を有しています。

 また、『AI Knowledge Voice』APIでは、従来から備え持つ「OKWAVE」上の学習データのみならず、企業に蓄積されたお問い合わせ対応履歴やFAQ(よくある質問と回答)などのQ&Aデータを追加学習させることで、その企業独自の質問にも最適な回答を返すことができます。

 今後、当社では、スマートスピーカーが自社の商品やサービスについての質問に回答するといった本アプリを活用した法人向けサービスへの展開も検討していきます。

 なお、第1弾として「Google Home」用の音声Q&Aアプリ(試用版)の提供を2018年3月中旬より開始する予定です。

 当社は、今後もQ&Aを土台にAIをはじめとする最先端の技術を積極的に研究開発し、世界の発展に寄与するサービスを提供していきます。

■株式会社オウケイウェイヴについて

 株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業が回答する「OKWAVE Professional」なども提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ.for FAQ/Helpdesk Support」、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ.for Community Support」、さらにはAIエージェントサービス「OKBIZ.AI Knowledge」などを大手企業、自治体など400サイト以上に導入しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。楽天株式会社、米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結しています。今後は3,600万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットの各技術を組み合わせて、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

 ※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471673_01.jpg