トイレのIoT革命、電池・配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR(スイッチストライクエアー)」を開発

—混雑トイレの利用・管理効率向上に向けて、世界遺産・元離宮二条城で試験運用開始—

 

<要旨>

 株式会社シブタニ(本社:大阪府大阪市)は、ローム株式会社(本社:京都府京都市)が提供する電池不要・配線不要の無線通信デバイス「EnOcean」を搭載したトイレの施錠・解錠情報を発信するスライドラッチ(トイレの施錠金物の専用受け)『SWITCHSTRIKE AIR(スイッチストライクエアー)』を開発し、ウイングアーク 1st株式会社(本社:東京都渋谷区)と京都市の協力のもと、元離宮二条城での試験運用を開始しました。

 このSWITCHSTRIKE AIRには、トイレの施錠金物として、受け部に無線通信デバイス「EnOcean」が組み込まれており、どんな場所にもドライバー1本で簡単に設置でき、個室トイレの施錠・解錠情報を電池レス・配線レスで無線送信することができます。この情報を利用し、トイレ入り口や専用アプリで満空表示することで、利用者の時間短縮(利用効率の向上)や長時間利用の検知、ビッグデータ化による利用状況の解析や清掃の効率化を実現することができます。これらにより、不特定多数の人が訪れる商業施設や観光施設、イベント会場、これから混雑が予想される大規模なスポーツイベントなどで、トイレの利用効率や利便性向上、施設管理の適正化に貢献します。

 SWITCHSTRIKE AIRは、すでにサンプル出荷を開始しており、2018年3月末よりメーカー希望小売価格1万5千円/個(税抜)で発売予定です。また、2018年2月6日より京都市の協力のもと、京都市中京区にある元離宮二条城の大休憩所トイレでSWITCHSTRIKE AIRの試験運用を開始しました。管理システムはウイングアーク 1stが担当し、多くの観光客が立ち寄るトイレの使用状況をデータ管理・分析し、二次利用に役立てます。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

<背景>

 近年、トイレは清潔になり、設備も充実してきていることに加え、スマホなどモバイル機器の普及も相まって、居心地のいい空間に変わっています。それに伴い、1人あたりの個室トイレ利用時間が著しく延びており、トイレを効率よく利用できないといった問題が都市部を中心にいろいろなところで発生しています。この問題に対し、ソーラーパネルと磁気センサを使った製品をトイレ扉につけ、利用情報を共有し、利用効率を改善することが考えられましたが、発電量や個室の形態に対して汎用性に乏しく、適用の難しい場所がありました。

 そこで、シブタニはトイレ金物をIoT化することを考案しました。ロームが提供する無線通信デバイス「EnOcean」を組み込んだスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」と、ウイングアーク 1stが提供する管理システムにより、日本のトイレが抱える問題解決に大きく貢献します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471670_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471670_02.pdf