オープンイノベーションの取組み強化について

〜AIサービス(Deeptector(R))を利用したベンチャー4社との取組み〜

 

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、新しいビジネスをパートナー企業と共に協創するオープンイノベーションの取組みを強化していきます。

 このたび、NTTコムウェアが提供する画像認識AI「Deeptector(R)(*1)」および開発環境クラウド「DevaaS 2.0(*2)」と、パートナーであるベンチャー企業のサービスを組み合わせることで、新しいAIサービスを迅速に提供するための実用性検証を2018年1月より共同で開始しました。

 NTTコムウェアは、本取組みを皮切りに「Deeptector(R)」「DevaaS 2.0」等のAIビジネスプラットフォームを利用するパートナー企業との協創をさらに拡充し、価値の高いAIサービスを円滑・迅速に提供することで、企業や消費者の期待に応えてまいります。

 ※画像認識AI「Deeptector(R)」は、NTTグループのAI「corevo(R)」を構成するNTTコムウェアの各技術(*3)で共通に利用されるAI技術をサービス化したものです。

1.背景

 NTTコムウェアでは、新しい技術を活用した「社会課題/社会ニーズ」の解決を目指し、お客様やビジネスパートナーとの協創型コラボレーションを進めております。その一つとして、NTTコムウェアのクラウドサービス「SmartCloud(R)」にて現在サービス提供中である画像認識AI「Deeptector(R)」や開発環境クラウド「DevaaS 2.0」といった強みを活かし、パートナー企業が提供する映像系サービスと連携させることで、新たなAIビジネス創出を実現するオープンイノベーションに取組みます。

2.取組み概要

 本取組みでは、パートナー企業4社(下記参照)とNTTコムウェアにて、サービス開発に必要な部品や環境を共同で検討し、レディメイド化しておくことで、協創型による迅速なサービス提供をめざします。

 具体的には、画像認識AI「Deeptector(R)」機能をパートナーサービスに組み込み、サービスの品質、精度の向上、ビジネスカバー範囲の拡大を狙い、さらにNTTコムウェアの「DevaaS 2.0」を活用し、パートナー企業のサービス開発環境を構築することで変化の早い市場への対応を可能にします。このように、NTTコムウェアの画像認識AIの強みとパートナー企業の提供サービスが相互に補完し合い、お客様への提供価値の最大化を実現します。

<図1. AIサービスにおけるオープンイノベーションの取組みイメージ>

 ◇添付の関連資料を参照

 ◇以下は添付リリースを参照

 ※「Deeptector」「SmartCloud(スマートクラウド)」「SmartCloud」ロゴは、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。

 ※「corevo(R)」は日本電信電話株式会社の商標です。( http://www.ntt.co.jp/corevo/ )

 ※その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1. AIサービスにおけるオープンイノベーションの取組みイメージ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471649_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471649_02.pdf