Red Hat、CoreOSを買収

Kubernetesとコンテナ技術におけるリーダーシップを拡大

CoreOS追加により、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境での

コンテナ化アプリケーション構築、実行、管理支援技術を強化

 

 [ノースカロライナ州ローリー-2018年1月30日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

 オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat,Inc.(NYSE:RHT、以下 Red Hat)は本日、Kubernetesとコンテナネイティブソリューションの革新的かつリーダー企業であるCoreOS, Inc.を買収する最終合意を締結したと発表しました。買収額は2億5千万ドルで、完了時に一定の調整を行う必要がありますが、大きな差は生じないと予想されます。Red HatがCoreOSを買収することで、オープンソースがもたらす柔軟性を生かし、お客様がいかなるアプリケーションでもあらゆる環境で構築、運用できるようにするという、Red Hatのビジョンが促進されます。Red Hat OpenShiftを含む、広範なRed HatのKubernetesおよびコンテナベースのポートフォリオにCoreOSの補完的な機能を組み合わせることにより、Red Hatは業界をリードするモダンなアプリケーションワークロードのためにハイブリッドクラウドプラットフォームの開発とさらなる採用促進を目指します。

 アプリケーションがハイブリッドおよびマルチクラウド環境に移行する中で、既存の環境とクラウド間、さらにはクラウド間に渡るアプリケーションの構築、導入、および移動をより容易に行うためにコンテナを使用する企業が増えています。IDCは、「クラウドの採用、簡素化、および可搬性の大幅な向上が進行中です。クラウドに対する需要は拡大し続けており、企業各社は今後数年間の支出の大部分をクラウドアーキテクチャが占めることになると予想しています。コンテナの高度化に伴って、既存の実運用アプリケーションをパブリックまたはプライベートクラウドで有用なものにするために、コンテナを使用した移行や拡張をアプリケーションプラットフォームプロバイダーが手助けしてくれることを顧客は期待しています」と述べています(1)。

 CoreOSは、大規模ソフトウェア企業のインフラストラクチャに倣って、サーバーの更新とパッチを自動的に行い、かつ、ダウンタイムやセキュリティ、復元性などの弱点の解決に役立つ、あらゆる規模の企業向けのインフラストラクチャの構築と提供を目的として2013年に設立されました。CoreOSは、コンテナ向けに最適化された軽量Linuxオペレーティングシステムを普及させるため、スケーラブルで復元性の高いコンテナ化されたアプリケーションの広範な適用を可能にする様々なテクノロジーを支えるリーダー企業としての定評を築いてきました。

 CoreOSは、自動化された運用を提供し、プライベートおよびパブリッククラウドプロバイダー間の可搬性を実現する、オープンソースソフトウェアベースのエンタープライズ対応のKubernetesプラットフォームであるCoreOS Tectonicの開発元です。また、同社はエンタープライズ対応のコンテナレジストリであるCoreOS Quayも提供しています。CoreOSは、コンテナ化アプリケーションの中核に位置する多くのオープンソースイノベーションの推進にも協力していることでも有名です。これには、同社が主要コントリビューターのひとつになっているKubernetes、ソフトウェア更新の自動化とコンテナ実行に適した構成を特徴としCoreOSにより作成/管理される軽量 Linux ディストリビューションの Container Linux、Kubernetes 用の分散データストアである etcd、およびCloud Native Computing Foundation(CNCF)に寄贈され現在の Open Container Initiative(OCI)規格の推進に貢献したアプリケーションコンテナエンジンの rkt が含まれます。

 1 IDC「Worldwide Application Platform and Application Platform as a Service Market Shares, 2016: Container Strategy Required」2017年6月

 ※以下は添付リリースを参照

 Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowman ロゴ、JBoss および OpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat,Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471524_01.pdf