〜ドイツKubrich社と国内総代理店契約締結〜

サイドドア・ボンネット・テールゲート向け「自動車ドア開閉耐久試験システム」の販売開始

 

 株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、自動車向けドア計測分野に注力し、「ドア閉まり音評価システム」に加えて、「ドア閉まり性評価システム」、「ドアシール面間計測システム」、「挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム」を取り扱っています。

 今回、さらなるラインアップの拡充・事業強化を目的に、自動車ドア開閉耐久試験システムのリーディングカンパニーであるドイツKubrich Ingenieurgesellschaft mbH&Co.KG(本社:ドイツ・バイエルン州プリーゼンドルフ、以下 Kubrich社)と国内総代理店契約を締結いたしました。欧米の自動車メーカーで幅広く使用されデファクトスタンダードである自動車ドア開閉耐久試験システムの3製品、自動車サイドドア開閉耐久試験システム「iCDT」、自動車ボンネット・テールゲート開閉耐久試験システム「LMOT」、自動車ドアノブ操作用マイクロアクチュエータ「μACT」、を2018年2月15日より販売いたします。

 自動車ドアの閉まり音、閉まり性、安全性に加え、耐久性を試験できるシステムをラインアップに加えることで、自動車向けドア計測市場の開拓を加速し事業の拡大を図ってまいります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 近年、自動車の燃費向上のため、車体だけでなくドアについてもより軽量化が進み、自動車ドアには従来の鉄以外にアルミや樹脂などが多く採用される傾向にあります。鉄、アルミ、樹脂は素材毎に温度特性が異なるため、環境温度が変化した際にも、複数素材で作られたドアが安全性や耐久性を確保しているか確認する必要があり、今後の自動車ドア開発における重要な試験項目です。

 *以下は添付リリースを参照

 ※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471497_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471497_03.pdf