カスペルスキー、ゲーム形式の対サイバー攻撃演習「Kaspersky Interactive Protection Simulation」シリーズに「銀行版」を追加

〜累計30以上の国内組織で採用された、本演習シリーズの最新版を用いたオンライン大会を3月14日に開催。参加募集を開始〜

 

 情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎)は、サイバー攻撃による重要インフラへの影響をゲーム形式で体験しながらその対策を学習できる、対サイバー攻撃演習「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS:キップス)」の「銀行版」を本日より提供開始します。価格は年間ライセンスで300万円(税別)。銀行をはじめとする金融業を主な対象とし、パートナー経由で販売します。

 2014年5月から国内の30を超える企業や組織、教育機関などで実施されてきたKIPSは、これまでに浄水場、発電所、一般企業、自治体の各シナリオが既に日本語でリリースされており、実施は集合形式とオンライン形式が選択できます。

 今回は、昨年来、世界中で金融機関を標的としたサイバー攻撃が数の上でも被害においても増加傾向にあることを鑑み、銀行版の提供を新たに開始します。銀行版のKIPSでは、銀行業固有のシステムを再現し、実際のサイバー犯罪集団の手口もシナリオに取り入れることで、リアルなサイバーインシデントの体験と対策が学べるようになっています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■参考情報

 Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)とは

 ・KIPSはゲーミフィケーション理論に基づいて開発された、ゲーム形式の対サイバー演習です。高い没入感によって短い時間で高い学習効果が得られるように設計されており、サイバー攻撃を受けている企業や組織の運用上のリスクや、投資に見合った有効な対策が学べるようになっています。

 ・参加者はグループに分かれ、条件や指示が書かれた複数枚のカードと決められた予算、作業時間を有効に使い、発生するインシデントに対応しつつ5週間という仮想期間内での生産高を競います。ゲーム終了後には、どのような対策が適切だったのか、また攻撃者のシナリオと各グループの打ち手を比べながら、参加者全員がゲーム上で発生した事象に対する考察と理解を深めます。

 ・ゲームは組織のセキュリティ担当者だけでなく、経営者や重要インフラの現場担当者を含むあらゆるレベルの関係者を対象としており、サイバー脅威への共通の理解を深めることが可能です。

 ・結果はスコアで表されるため、サイバーインシデントへの対処能力の可視化が可能です。実施に必要な時間は約2時間です。

 ・Kaspersky Interactive Protection Simulationのご紹介はこちらをご覧ください。( https://www.kaspersky.co.jp/enterprise-security/cybersecurity-awareness )

 ・カスペルスキー セキュリティトレーニングのコースカタログはこちらをご覧ください。( https://media.kaspersky.com/jp/pdf/Cybersecurity_training_JA201708.pdf )

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471401_01.jpg