シルバーエッグ・テクノロジーとWOVN.ioが、

海外向けデジタルコマース支援で業務提携

海外ユーザーの好む商材を、母国語でレコメンド!

 

 AI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供を行うシルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー)と、WEBサイト多言語化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を運営する株式会社ミニマル・テクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:林 鷹治)は業務提携し、越境EC・インバウンドサービス向けに多言語レコメンドを実現するソリューションの提供を開始することを発表します。

 ※ロゴ・参考資料は添付の関連資料を参照

■背景:ECにおける海外顧客のニーズ把握の難しさ

 現在、ECを中心に国内の多くのデジタルビジネス領域で、国際的な取引が加速しています。経済産業省の調査では、外国人旅行客が国内で購入した商品のリピート購入が越境ECの需要につながるという関係性が指摘されており、越境ECの世界市場規模は2020年までに対前年20%以上の成長が見込まれています(*1)。物販以外でも、海外からの不動産投資や滞在型賃貸物件の増加、グローバル人材の雇用の増加など、日本国外のユーザーに対応したデジタルビジネスの構築が求められています。一方、海外ユーザーの傾向分析やニーズ把握には多くの工数と投資が求められ、商品のプロモーションやクロスセル・アップセル施策の実施は容易ではありません。

■提携の目的:AIベースの多言語レコメンドによる、海外顧客への効果的な販促支援

 上記の課題を解決し、国内事業者によるデジタルビジネスの国際対応を支援するため、両社はAIによるリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」と、多言語化サービス「WOVN.io」を組み合わせた多言語レコメンドソリューションを展開します。

 このソリューションは、既存のECサイトを「WOVN.io」によって海外ユーザーの使う言語に変換し、その中で「アイジェント・レコメンダー」のAIがユーザーの購買・サイト閲覧などの行動をリアルタイムで分析し、高精度のレコメンドを表示させるものです。越境ECを構築する際に必要な現地の市場調査やコンテンツ翻訳の工数とコストを極小化し、海外ユーザー一人ひとりに対して、興味に沿ってパーソナライズされたレコメンドをリアルタイムに提示できるようになります。両社のサービスは、いずれも対象となるWEBサイトにJavaScriptなどのコードを挿入するだけで導入できるため、大規模なシステム開発が不要で、イニシャルコストを抑えてサービスを開始できるというメリットもあります。

 両社のサービスを組み合わせた多言語レコメンド機能は、すでに株式会社SHIBUYA109エンタテイメントに導入され、評価されています。これを端緒に、「必要とされる情報」を「必要としている人の言語で」届けるため、シルバーエッグ・テクノロジー株式会社と株式会社ミニマル・テクノロジーズは協業の取り組みを加速させ、セミナーなどを通じた技術およびサービスの普及に努めてまいります。

 *1 経済産業省:平成28年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ・参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471326_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471326_02.pdf