姫路市、神姫バス株式会社の協力を得て「マイナンバーカード」活用の調査研究を実施

—2月20日、公共交通機関(バス乗車)におけるマイナンバーカード利活用実証実験—

 

 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角 一幸)は、2月20日、姫路市内において姫路市(市長:石見利勝)と神姫バス株式会社(本社:兵庫県姫路市/取締役社長:長尾 真)のご協力をいただき、マイナンバーカードの「公的個人認証サービス」(*)を活用したバス優待乗車の実証実験を行います。

 (*)オンラインでの申請や届出といった行政手続やインターネットサイトへのログインを行う際どに、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段。

 これは総務省の「公共交通分野におけるマイナンバーカードの利活用実現に向けた諸課題に関する調査研究」事業の一つとして実施するものです。実証実験では高齢者等を対象とした優待乗車パスとしての活用を想定し、市民モニター(30名程度予定)に実証実験用のマイナンバーカードを使ってバスへの乗車・降車などを体験していただきます。

 これにより、市民に身近な移動交通手段であるバスの乗り降りにマイナンバーカードを利用する効果や技術課題などの検証を行うとともに、今回の実証を通じて市民の皆さまにカードがさまざまな場面で利用できるものであることを知っていただき、今後の取得促進につながることを期待しています。

 TKCでは地方公共団体向け製品・サービスの開発提供に加え、新たな住民向けサービスの実現へ積極的に取り組むことで「利用者の利便性向上」や「地域活性化の促進」を図るとともに、「社会全体での生産性向上」に貢献してまいります。

【実証実験 概要】

 1.日時:2018年2月20日(火)13:00〜15:00頃

 2.場所:神姫バス株式会社 姫路営業所(姫路市本町68番地)

 3.実証実験内容:

  市民モニター(30名程度予定)の協力を得て、主に以下の実証実験を行う。

   (1)マイナンバーカード(実証用カード)でのバス乗車・降車体験

   (2)マイナンバーカード(実証用カード)を利用した優待乗車制度手続きの申請体験

 *モニター参加は事前申込みが必要です。詳しくは姫路市ホームページまで。

 4.実施者

  実証実施事業者:株式会社TKC、協力:姫路市、神姫バス株式会社

 ※以下は添付リリースを参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471318_01.pdf