新幹線での移動中や出張先で、のぞき見から画面を守る!

Panasonic Let's note CF−LX・XZに対応し、タッチパネルも使える

のぞき見防止フィルター〈アイバリアー〉を発売

 

 エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、新幹線などでノートPCを操作したときに周りから画面をのぞき見されず、タッチパネルも利用できるPanasonic Let's note CF−LX・XZに対応した、のぞき見防止フィルター〈アイバリアー〉を3月上旬より新発売いたします。

 新幹線での移動中や出張先でも周りからの視線を気にせずに、安心してパソコンの操作ができる、のぞき見防止フィルター〈アイバリアー〉に、Panasonic CF−LXシリーズ専用(14インチ)の“EF−PFSP04”と、CF−XZシリーズ専用(12インチ)の“EF−PFSP05”の2製品が新たに登場いたします。CF−XZシリーズ専用の“EF−PFSP05”は、本体のカメラレンズやキーボードまわりのクッションを避けた形状で、本体を閉じた際にフィルター厚みが影響しにくい仕様になっています。

 〈アイバリアー〉は、画面の正面を中心に60°(左右30°)より外の角度からは画面がまっ黒に見える視野角制御タイプのフィルターです。フィルターに内蔵されているルーバーが画面の発光方向をコントロールすることで、左右30°を超える角度からは見えない構造です。いずれもフィルターを画面に取り付けたままでタッチパネルの操作が可能になっています(※)。

 ディスプレイが発する光の中の青い部分「ブルーライト」も大幅にカットする機能も装備しています。ブルーライトは目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、網膜の機能低下を引き起こす場合があると言われています。本製品を使用すれば、のぞき見を防止できるだけでなく、ブルーライトの影響を軽減することができます。また、紫外線を99.9%カットすることができますので、有害な紫外線から目や体をガードします。

 反射率5.8%と照明や外光などの表面反射を軽減し、画面の見やすさを向上しています。透過率75%で目に優しく見やすい明るさを維持することできます。表面にAG加工を施しており、映り込みを拡散し、画面のギラつきを抑止します。

 このほか、表面硬度3Hと硬度が高いので、フィルター表面のキズを防止します。また、ホコリが付着しにくい帯電防止仕様です。

 フィルターの取り付けは、モニター貼りタイプ、フレーム貼りタイプ、着脱可能なタブシールタイプができるよう、2種類または3種類の透明貼付シールが付属し、お好みやご使用の環境に合わせてお選びいただけます。なお、Panasonic CF−RZシリーズ専用(10.1インチ)、CF−SZシリーズ専用(12.1インチ)、CF−MXシリーズ専用(12.5インチ)の3製品も好評発売中です。

 ※発売済みのEF−PFSP03と、新製品のEF−PFSP05では、「タブシールタイプ」の使用方法を推奨しないため付属いたしません。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 ※このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。

 

◆お客様問い合わせ窓口

 エレコム総合インフォメーションセンター

 TEL:0570−084−465

 FAX:0570−050−012

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471236_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471236_02.pdf