室内環境可視化技術「環境ウォッチ」を開発

〜ARにより室内の温度・気流を可視化〜

 

 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下智保)と安藤ハザマ(本社:東京都港区、代表取締役社長:野村俊明)は共同で、Microsoft社が提供するMixed Reality(複合現実)端末である「HoloLens」を活用した室内環境可視化技術「環境ウォッチ」を開発しました。

1.開発の背景

 室内空間の温度や気流分布は実際に目で見ることができません。そのため、空調設計者、施工者、建物利用者間での空調計画の意図などのイメージの共有が困難であり、建物利用者に快適な室内環境を提供するという点で課題となっていました。この様な状況に対して、CFD(※1)や現地計測を通じて把握された室内温熱・気流環境をVR(※2)を含めた様々な手法を適用して可視化を行いましたが、現実空間と結び付けて理解することが困難でした。

 そこで昨今注目されるAR(※3)ツールのひとつHoloLensを活用して新たに室内環境可視化技術「環境ウォッチ」を開発しました。

2.環境ウォッチの特長

 ●温熱、気流などの事前解析結果や計測結果を現実空間に実スケールでARとして表示することができる。(写真1,2)

 ●3次元空間内の温度・気流分布の解析結果や計測結果を、ARを用いて現実空間と結び付けることで、専門家でなくても容易に理解できる。

 ●現実空間と3Dオブジェクトが統一された座標系で結びついているので、空間を動き回った際にも表示が追従する。

 ●現実空間内の特徴的な形状を不動点と定めるため、別途特別なマーカーを設置する必要はない。

 ●解析や計測を通じて得られる温度や気流分布は、多様なファイル形式(※4)で「環境ウォッチ」へ入力が可能。この高い融通性によりBIM(※5)との親和性が高まる。

 ●一つの解析、計測結果に対していろいろな表示方法を選択できる。

3.試験適用

 2017年11月に安藤ハザマ技術研究所で開催しました「安藤ハザマ技術フェア2017」において、当該技術の試験適用の様子を先行公開しました。床吹き出し空調方式のホール(15m四方、高さ8m)を対象空間とし、空気温度分布および床吹き出し空調の気流をARによる可視化対象として選定しました。ストレスのない視野の追従や、周囲に人がいる場合にも自己位置を見失いにくいことなどを、確認することができ、さらに事前の解析と、実際に感じられる温度・気流感との差異を即座に現地にて確認できる点など高い利用評価を得ることができました。

 その結果、当該技術が実現場での利用に十分耐えるものであること、また実空間・実スケールにて可視化するARの特長により、利用者が体感と結び付け、より深く室内設備や温熱環境を理解できることが確認されました。

 *以下は添付リリースを参照

 ※HoloLens、Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国、日本及びその他の国における登録商標または商標です。

 ※その他、記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471231_01.pdf