リンクバルが京セラコミュニケーションシステム、

KCCSモバイルエンジニアリングと

リアルタイムマッチングサービスの実証実験を実施

〜Sigfoxネットワークで人と人との出会いを支援〜

 

 株式会社 リンクバル(本社:東京都中央区 代表取締役社長 吉弘 和正 証券コード:6046、以下 リンクバル)は、京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下 KCCS)とKCCSモバイルエンジニアリング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 金 炯培、以下 KCME)の3社で、IoTとSigfoxネットワークを用いたリアルタイムマッチングサービスの実証実験を実施します。

【背景】

 リンクバルは、イベントECサイト「街コンジャパン」の運営や出会い創出のための会員向けマッチングサービスを展開しています。サービス展開をする中で、リアルタイムな出会いへのニーズが高まってきており、今回IoTを活用した新たな出会いの創出を目指し、特別な通信環境を構築しなくても利用できる手軽で安価なSigfoxネットワークを用いたリアルタイムマッチングサービスの検証に至りました。

【実験内容】

 下記の仕組みをIoTボタンデバイス、Sigfoxネットワーク、スマートフォンアプリで構築し、その実用性や有効性、ユーザー体験を検証します。

 ・ユーザー(リンクバルサービス会員):

  飲食店で食事中に他の誰かと一緒に食事をしたいと思った時に、店内に用意されているボタンを押すと、お店の半径1km以内(徒歩圏内)にいるユーザー会員のスマホへ通知が届きます。

 ・徒歩圏内にいる別のユーザー(リンクバルサービス会員):

  店舗でボタンが押された通知をスマホから見て、参加したいと思ったユーザー会員は、アプリから申し込みをした後、現地に足を運びます。

<システム概要>

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 *製品名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

システム概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471227_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471227_02.pdf