NEC、南アフリカのICTソリューション企業XON社を子会社化

 

 NECは、EMEA(注)地域の統括会社NECヨーロッパ社を通じて、南アフリカ共和国のICTソリューション企業XON Holdings Proprietary Limited(本社:南アフリカ共和国ミッドランド市、社長:Carel Coetzee、以下 XON社)を子会社化しました。

 NECは社会ソリューション事業をアフリカ地域で拡大するため、2015年にXON社に25%出資し、協業関係を築いてきました。今回、両社が一層連携した事業展開を図るべく、同社の発行済み株式を追加取得し出資比率を59.1%に高め、子会社化しました。

 XON社は1996年に設立され、サハラ砂漠以南のサブサハラ・アフリカ地域で通信事業者向けネットワーク構築事業や、セキュリティを中心とした政府・自治体向けITシステム構築事業、マネージドサービス事業などを展開しており、急速な成長を遂げています。

 

 サブサハラ・アフリカ地域は、人口増加を背景に今後の高い経済成長が期待されています。こうした中、通信、セキュリティ、電力など社会インフラの整備が加速する見込みです。

 NECは1963年にアフリカ地域に進出し、同地域における通信・放送インフラの整備に寄与してきました。また、2011年には南アフリカ共和国にサブサハラ・アフリカ地域を統括するNECアフリカ社を設立し、生体認証システムやサイバーセキュリティなどのセーフティ事業、通信事業者向けネットワークインフラ構築事業を重点事業と位置付け、同地域での事業展開を強化しています。

 NECは、今回のXON社の子会社化により、両社の既存顧客への相互販売(クロスセル)や製品・技術の相互補完を加速します。また、XON社が有する豊富な高度IT技術者を活用し、コンサルティングからシステム構築、保守までの一貫したソリューション提供力を強化します。これらにより、サブサハラ・アフリカ地域を中心にアフリカ地域での社会ソリューション事業の拡大を目指します。

 NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

 (注)ヨーロッパ、中東およびアフリカ

 

◆本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 NEC 米州・EMEA本部

 E−Mail:contact@africa.jp.nec.com