“ソフトバンク”、最新スマホを簡単に子ども向けの設定にできる「ジュニアスマホ」を2月9日に提供開始

 

 ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の新サービスとして、最新のAndroid(TM) 搭載スマートフォンを簡単に子ども向けの設定にできる「ジュニアスマホ」(月額使用料無料)を、2018年2月9日に提供開始します。

 「ジュニアスマホ」は、子どもが安心して最新のAndroid 搭載スマートフォンを利用できるようにするサービスです。本サービスに申し込むと、子どもが利用するスマートフォンで「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できなくなるため、有料コンテンツを簡単に購入できなくなります(※1)。さらに、フィルタリングサービス「あんしんフィルター」によって(※2)、保護者があらかじめ子どもの年齢に合わせて設定した強度でフィルタリングをかけることができます。そのほか、ホーム画面は子ども向けに設定されるため、子どもでも安心して利用でき、使いやすくなります。

 本サービスは、“ソフトバンク”の携帯電話取扱店での申し込みが必要で、申し込むとその場で店員が設定を行います。保護者の方は安心して子どもにスマートフォンを持たせることが可能になるほか、子どもは不適切なサイトや有害アプリにアクセスしてしまう心配をせずに、高い機能を備えた最新のスマートフォンを利用することができます。

 [注]

  ※1 クレジットカードやGoogle Playギフトカードなどのプリペイドカードからの購入は可能です。なお、ジュニアスマホ加入時に月額登録中のコンテンツがあった場合は、月額課金は継続されます。

  ※2 「ジュニアスマホ」の申し込み時に、「あんしんフィルター」への申し込みが必要です。

■「ジュニアスマホ」対象機種

 Xperia(TM) XZ1、AQUOS R compact、Xperia(TM) XZs、AQUOS R、AQUOS ea、DIGNO(R) G、HTC U11

 [注]

  ※ 対象機種は今後拡大する予定です。

■「ジュニアスマホ」ホーム画面 イメージ

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 ・Androidは、Google LLCの商標です。

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470971_01.jpg