企業向け研修トレーニングをeラーニング化した、自己学習用コンテンツ

「マイクロメイツ かんたん自己学習 Office365/Office2016」販売を開始

 

 TISインテックグループの株式会社マイクロメイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:羽方聡、以下マイクロメイツ)は、Microsoft Office365・Office2016の操作研修をeラーニング化した、自己学習用教材「マイクロメイツ かんたん自己学習 Office365/Office2016」の販売を開始することを発表します。

 「マイクロメイツ かんたん自己学習 Office365/Office2016」は、Office365およびOffice2016の操作をいつでも・どこでも・かんたんに学習することができる自己学習コンテンツです。

 IT定着化サービス専門企業であるマイクロメイツが、システム導入・定着化支援の一環として提供しているOffice365およびOffice2016の企業向け研修トレーニングの実績やノウハウをもとにコンテンツ教材を開発し、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野徹、以下 TIS)のeラーニングシステム「楽々てすと君」を活用してeラーニング化しました。

 マイクロメイツでは、Office365およびOffice2016に関する従業員教育を要望しながらも、集合研修の実施が難しい企業やeラーニングによる効果的な研修を実施したい企業に対して、スムーズな導入・定着化また従業員のスキルアップに役立つ教育機会を提供します。

■「マイクロメイツ かんたん自己学習Office365/Office2016」の特長とメリット

 「マイクロメイツ かんたん自己学習 Office365/Office2016」は、マイクロメイツが企業で実施している、Office365およびOffice2016の操作研修をeラーニング化。TISのeラーニングシステム「楽々てすと君」で、いつでも・どこでも・かんたんに自己学習できるサービスです。

 ●マイクロメイツは、創業以来30年にわたり、Microsoft製品の研修トレーニングの実績があります。

 ●Microsoft製品に関しては、2017年度は、12月現在(9か月間)で15社以上の研修トレーニングを実施しています。

 ●企業向け研修トレーニングで実際に使用したテキストをeラーニング化しており、業務に必要不可欠な操作を、効率良く学習することができます。

 ●確認テストを受験し、テキストを繰り返し学習することで、知識を定着させることができます。

 ●全科目の中から、自社に必要な科目を自由に組み合わせて利用することができます。

 ●初期費用ゼロ、1カ月単位で、必要な期間・必要な人数のみ無駄なく利用できます。

 ●学習管理者向けに月1回、進捗管理レポート(学習者別受講状況、確認テスト得点等)を配信します。

■「マイクロメイツ かんたん自己学習 Office365/Office2016」提供の背景

 国内のeラーニング市場は年々規模を拡大しており、特に、時間や場所の制約から集合研修の実施が困難な企業に対する有効な研修手段として需要が高まっています。

一方、働き方改革のツールとしてのOffice365導入、Microsoftのサポート停止(※)を視野に入れたOffice2016へのシステム移行を検討する企業が増加しており、スムーズなシステム導入・定着化のための従業員教育が求められています。

 マイクロメイツでは、時間や場所に捉われずに効率的に学習できるeラーニングコンテンツを提供します。

 ※Office2010の延長サポートを2020年10月13日に終了。Office2013のメインストリームサポートを2018年4月10日に終了予定。

 *以下は添付リリースを参照

 本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470789_01.pdf