AIで画像解析するマーケティングツール

「Creative Analytics」「Social Media Analytics」を

販売開始

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、このたび株式会社ディマージシェア(以下「ディマージシェア」)が開発した、AI(人工知能)で画像解析するマーケティングツール「Creative Analytics(クリエイティブ アナリティクス)」と「Social Media Analytics(ソーシャル メディア アナリティクス)」の販売を開始しましたので、お知らせします。

 ソフトバンクは、AIを活用して企業の業務効率化を支援するパッケージ型のソリューションを、2016年11月から販売しています。パッケージ型のソリューションは、自社開発に比べて、AIを低価格かつ短期間で導入できるメリットがあります。各ソリューションは、パートナー企業がそれぞれ開発しており、接客・受付支援や問い合わせ対応など、多様な業務目的に対応するものが揃っています。

 今回新たに販売するのは、AIで画像解析を行い、広告クリエイティブの効果やソーシャルメディアの反響を分析するマーケティングツールです。開発企業であるディマージシェアは企業の収益力向上を実現する「Digital Revenue Producing®」を標榜し、「AI×デジタルマーケティング×AD」のテクノロジーを軸に「デジタルクラウドプラットフォーム」を展開しています。詳細は下記をご覧ください。

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、このたび株式会社ディマージシェア(以下「ディマージシェア」)が開発した、AI(人工知能)で画像解析するマーケティングツール「Creative Analytics(クリエイティブ アナリティクス)」と「Social Media Analytics(ソーシャル メディア アナリティクス)」の販売を開始しましたので、お知らせします。

 ソフトバンクは、AIを活用して企業の業務効率化を支援するパッケージ型のソリューションを、2016年11月から販売しています。パッケージ型のソリューションは、自社開発に比べて、AIを低価格かつ短期間で導入できるメリットがあります。各ソリューションは、パートナー企業がそれぞれ開発しており、接客・受付支援や問い合わせ対応など、多様な業務目的に対応するものが揃っています。

 今回新たに販売するのは、AIで画像解析を行い、広告クリエイティブの効果やソーシャルメディアの反響を分析するマーケティングツールです。開発企業であるディマージシェアは企業の収益力向上を実現する「Digital Revenue Producing®」を標榜し、「AI×デジタルマーケティング×AD」のテクノロジーを軸に「デジタルクラウドプラットフォーム」を展開しています。詳細は下記をご覧ください。

 ※以下は添付リリースを参照

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470693_01.pdf