最速10ギガ通信、Cat6流用によるマルチギガ通信が可能!

3種のブラケットが付属、法人向けマルチギガビット対応

10ギガ有線LANボード“EDB−10GMPE4T”を発売

 

 エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、最速10ギガビット通信に対応するほか、Cat6などの既設のLANケーブルによるマルチギガビット通信(※)が可能な法人向け有線LANボード“EDB−10GMPE4T”を2月中旬より新発売いたします。

 ※マルチギガビット通信(2.5/5GBASE−T)には別途、マルチギガ対応スイッチが必要となります。

 システム管理者など、大容量データの取り扱い環境に最適な法人向けマルチギガビット対応10ギガ有線LANボード“EDB−10GMPE4T”の登場です。

 従来の10GBASE−Tは、Cat6A以上のLANケーブルが敷設された環境が必要でした。そのため既存のLANケーブルがCat6未満だった場合に導入することができませんでした。

 マルチギガビット通信に対応した機器であれば、既存のCat6およびCat5eのケーブル環境のまま、機器のみを入れ替えるだけで、5ギガビット通信(5GBASE−T)や2.5ギガ通信(2.5GBASE−T)環境を手に入れることができます。

 Cat6A以上のケーブルに置き換える工事を必要とせず、既存のインフラを使用したまま、1000BASE−Tを超える高速なネットワークの構築が可能になります。

 さらに、すでにCat6A以上のLANケーブルを導入済みで、1000BASE−T環境を使用している場合は、最速10ギガビット通信への置き換えが可能になります。

 “EDB−10GMPE4T”は、出荷時に本体取り付け済みの標準用ブラケットのほか、パソコンの拡張スロットの形状に合わせて選択可能なNSB−7Aシリーズ用ブラケットとロープロファイル用ブラケットが付属していますので、幅広いパソコン筐体で使用できます。

 また、動作時環境温度50℃を実現しており、内部が高温になりがちなハイスペックパソコンでも安心です。

 LANポートのサイドには、SpeedランプとLink/Actランプを装備しており、ひと目で接続状態を視認することができます。

 OSは、Windows OSをはじめ、Linux OSやmacOSと幅広いプラットフォームに対応しています。ドライバーは、OSごとに当社ホームページからダウンロードしてご使用いただけます(※)。保証期間は、法人ニーズにうれしい安心の3年間です。

 ※ドライバーインストール後に、本体をパソコンに取り付けてください。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 ※このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。

 

◆お客様問い合わせ窓口

 エレコム総合インフォメーションセンター

 TEL:0570−084−465

 FAX:0570−050−012

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470626_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470626_02.pdf