NECネッツエスアイ、IPトランシーバーとアナログ無線機を

連携できる専用ゲートウェイの販売を開始

 

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証 1973、NESIC)は、スマートフォンを活用した当社のIPトランシーバーアプリケーション「スカイトランシーバー」(注1)と既存のアナログ無線機との連携を実現する専用ゲートウェイ「スカイトランシーバーゲートウェイ」の販売を本日より開始します。

 緊急時の通信手段として有力なトランシーバーは、1台から呼びかけるだけで複数の機器と情報共有できる同時一斉通報が可能で、大規模商業施設や自治体、空港、鉄道等の現場で活用されています。

 NECネッツエスアイは、この機能をスマートフォンアプリで実現し、携帯電話網を利用した広域通信も可能な「スカイトランシーバー」を提供していますが、既存の無線機との連携が課題となっていました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

以上

 ※スカイトランシーバーは、NECネッツエスアイ株式会社の登録商標です。

  その他記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

 キャリア・パブリックソリューション事業本部

 パブリックソリューション事業部

 電話:(03)6699-7622

 eメールアドレス:skytransceiver@ml.nesic.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470599_02.pdf

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470599_03.pdf