AR制作ソフト「COCOAR」、2月6日(火)機能拡充!

Unity対応で、動的 3Dコンテンツの表示が可能に

〜リアルゲームプラットフォームを目指す〜

 

 スターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:北村健一)は、AR制作ソフト「COCOAR」(ココアル)が2月6日(火)からゲームエンジンのUnity(ユニティ)に対応することをお知らせいたします。本件により、動的 3Dコンテンツの表示ができるようになるため、キャラクターやゲームといったデジタルコンテンツを扱う企業のニーズにも応えることができるようになります。今後、当社はCOCOARを提案する業界の拡大と、エンドユーザーへより優れた顧客体験を実現させることを目指してまいります。

 COCOARのページ:http://www.coco-ar.jp/

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■これまでのCOCOAR

 COCOARは2012年から提供開始した、自社開発の企業向けのAR制作ソフトです。紙媒体に印刷された任意の画像をマーカーとして設定し、スマホアプリ「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、ARコンテンツを閲覧することができます。導入した企業は、COCOARを自社サービスとして顧客に提供することができ、主に紙媒体を用いて、販促企画の展開ができることから、印刷業界向けに展開してまいりました。当時、主流だったARサービスは、専用のアプリに対してARコンテンツを内包するもので、アプリを制作するとコストが嵩むこと多く、一部の企業しか行えないツールでした。そこで当社は、企業が手軽にARを活用した販促企画の展開ができるように、クラウド上にARコンテンツをアップロードし、相乗り型のアプリと通信させて都度コンテンツを呼び出す方式を取り入れ、ARコンテンツは作りたい放題(最大10GB)の低コストで提供することを先駆けて実施しました。現在は、提案する業界を拡大させており、1,414社の企業へ導入(2017年9月末時点)、ARアプリ「COCOAR」、「COCOAR2」のダウンロード数は、合わせて150万以上を誇ります。

■今後の展望

 ARを利用したスマホアプリが人気を博して以降、ARが販売促進に利用できるという一般企業の期待が高まり、印刷業界に限らず様々な企業からのCOCOARに対する問い合わせが増加しております。昨今では、GPS機能や、スタンプラリー機能を活用した、リアルイベントや実店舗の集客ツールとして活用される事例も増えて参りました。

 今回の機能拡充では、ARを使った脱出ゲームや宝探しゲームなどの、リアルゲームプラットフォームの下地作りと考えており、主にキャラクターやゲームといったデジタルコンテンツを扱う企業や自社で高技術を持っている企業が、コンテンツの世界観をよりリアルに表現するために活用されることを期待しております。今後も当社は、COCOARを販促・集客・情報配信ツールとしての価値を強化していくとともに、ARコンテンツを閲覧するエンドユーザーの顧客体験を実現させることを目指してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470595_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470595_02.pdf