高精度なデータクレンジング機能を搭載、エリアマーケティングを支援する

「GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション」を販売開始

位置情報をベースに顧客情報やIoT、統計情報などを活用し、出店戦略や広告戦略の策定を実現

 

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、住所の正規化や名寄せなどのデータクレンジング機能を搭載し、高品質なデータでエリアマーケティングを支援する「GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション(*1)」を2月6日から販売開始します。

 近年、IoTが普及し、人やモノの流れを可視化・分析して活用するデジタルマーケティングへの関心が高まっています。本ソリューションは、大量データの地図上でのスムーズな表示に特長を持つ空間情報ソリューション「GeoMation」で培ってきたノウハウをマーケティング分野に提供するものです。

 今回、顧客情報、購買情報および、スマートフォンやセンサーなどから取得するIoTデータを統合する際の品質を高めるため、データクレンジング機能を搭載しました。具体的には、住所の誤入力や古い情報の正規化、名寄せ・世帯名寄せなどを自動で行うことができ、最新の情報を基にした高精度なデータ統合により、二重登録による広告の重複配信の防止、世帯単位でのマーケティングに活用できます。

 企業は、本ソリューションにより、顧客情報やIoTデータ、各種統計情報などを分析することができ、それを地図上に可視化することで、高精度な商圏分析や出店戦略の策定を実現します。また、顧客のリアルタイムの位置情報をベースとしたクーポンのプッシュ配信など、効果的な広告戦略の策定も行えます。

 *1 本ソリューションの基盤には、ピツニーボウズジャパン株式会社の顧客データ管理統合製品「Spectrum(スペクトラム)」を組み合わせています。

 ◇参考資料は添付の関連資料を参照

■背景

 近年、企業では、実店舗やECサイト、SNS、スマートフォンアプリ、IoTセンサーなどの多様なデータを活用し、お客様とのエンゲージメントを強化するデジタルマーケティングへのシフトが加速しています。中でも、それらの情報に各種統計情報などを組み合わせ、地図上で可視化することで新たな気づきを得られる、エリアマーケティングの重要性が一層高まっています。

 しかしながらその一方で、多様なデータを単純に統合しても、住所の誤入力や情報が古いことを原因とするデータ分析精度の低下や、同じ世帯への複数の広告配信、それを避けるためのデータクレンジング作業における多大な手間やコストなど、さまざまな課題が生じています。

 日立ソリューションズはこのたび、これらの課題を解決するため、高精度なデータクレンジング機能を搭載した空間情報ソリューション「GeoMation」を提供し、企業のエリアマーケティングを強力に支援します。

■「GeoMation 位置情報活用マーケティングソリューション」の特長

1.高精度な名寄せ・世帯名寄せによって、顧客満足度の向上を支援

 複数の顧客情報の統合時には、住所や名前、電話番号などの正規化・書式整形を行い、重複削除や名寄せを行います。特に、名寄せの精度向上に重要な住所情報正規化おいては、市町村の住所改定や海外の住所にも対応し、最新の情報に正規化するなど、きめ細やかに対応します。さらに、住所情報が一致するメンバーを家族として世帯名寄せも行います。

 これにより、企業は、最新の情報でデータを統合し、ダイレクトメールの重複配信の防止や、世帯単位でのキャンペーン情報の提供など、顧客満足度の一層の向上を図れます。

2.大量データの収集・分析や地図上でのスムーズな表示で、エリアマーケティングを支援

 実店舗やECサイト、SNSの顧客情報や購買情報、スマートフォンなどのIoTデバイスから取得する大量データ、各種統計情報などを統合・分析し、顧客の性別や年齢、収入などの顧客属性や嗜好、来訪頻度などの行動パターン、現在位置を地図上で可視化します。

 企業は、これにより、商圏分析や出店戦略策定に加え、顧客の位置情報を活用したスマートフォンへの広告のプッシュ通知、通行人の属性に合わせたデジタルサイネージへのコンテンツ配信など、効果の高い広告戦略を策定することができます。

3.地図コンテンツや統計データ、空間検索、ルーティング機能の組み合わせを選択可能

 国土地理院の地図をはじめ、国内の主要な市販地図コンテンツや、国勢調査や経済センサス(*2)などの複数の統計情報を用意しています。名寄せした顧客情報に統計情報を紐づけることで、個人特性を付与し、マーケティング戦略の評価、修正を素早く行えます。

 また、さまざまな空間分析機能やルート検索機能にも対応することができるため、これら機能と統計情報を組み合わせることで、業務に応じたエリアマーケティングを簡単に行えます。

 *2:総務省統計局が実施する事業所・企業を対象とする各種統計調査のこと

■今後について

 今後は、株式会社日立製作所が提供する人工知能「Hitachi AI Technology/H」や日立ソリューションズが培ってきたAI(人工知能)技術で分析した結果を、地図上に可視化する取り組みを推進していく予定です。

■販売価格

 個別見積

■販売開始日

 2018年2月6日

■空間情報ソリューション「GeoMation」紹介URL:

 http://www.hitachi-solutions.co.jp/geomation/

■位置情報を活用したマーケティング戦略セミナーの開催

 セミナー名:

  位置情報を活用したマーケティング戦略で顧客生涯価値を最大化

  〜高精度な名寄せによる顧客分析とAI活用で収益性の向上を実現〜

 主催:株式会社日立ソリューションズ

 共催:ピツニーボウズジャパン株式会社

 日時:2018年3月7日(水) 14:30−17:00(14:00受付開始)

 場所:〒108−8250 東京都港区港南2−18−1 JR品川イーストビル

 概要:本セミナーではデータクレンジングや名寄せ、データ分析、AIの活用、マーケティング戦略立案と評価の一連の流れについて、特に位置情報や地図を活用したマーケティング活動の最適化方法を事例を交えて紹介します。

  <詳細・お申込み>

  https://pages.hitachi-solutions.co.jp/Semi17S_0307geomation.html

 ※Spectrumは、ピツニーボウズジャパン株式会社の商標です。

 ※GeoMation、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。

 ※その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

 

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

 URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/

 Tel:0120−571−488

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470465_01.JPG