Salesforce 業務効率化アプリがExcel関数にも対応

—Salesforce専用アプリ「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」—

 

 グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山 3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、2017年2月5日、Salesforce専用アプリ「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce(グレープシティ スプレッドシート)」を大幅に機能強化し、Salesforce上でExcel関数による数式計算を可能にしました。GrapeCity Spreadsheetは、Excelと同等の一覧UIをSalesforceに提供するAppExchangeアプリで、Salesforce上のデータの見通しを良くし、入力作業を大幅に効率化するものです。1ユーザーの月額利用料は1,500円(税別)です。既存ユーザーは追加コストなしで新バージョンを利用できます。

 グレープシティでは開発者向けのコンポーネントUI開発技術を転用し、2016年からクラウド型プラットフォームにExcelと同等の表示・編集機能を備えた一覧UIの提供を開始しました。

 今回機能強化した、GrapeCity Spreadsheet for Salesforceは2016年12月に発売し機能強化を続けています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 バージョン4となる今回のアップデートでは、Salesforceのシステム管理者の負担軽減とSalesforceユーザーの利便の向上を両立した3つの大きな新機能が含まれます。325種のExcel関数をサポートし、一覧上でSalesforceデータの数式計算を自由に行える「数式列」、ユーザーがSalesforceのレコードの一覧に任意の列を追加できる「ワーク列」、システム管理者がどの機能をユーザーに許可するかを指定できる「権限設定」に対応しました。

 Salesforceの一覧上で数式を利用できるようになったことで、Salesforceをカスタマイズして計算式を登録する必要はなく、エンドユーザーが使い慣れた計算方法で自由にデータを加工することができます。数値データだけでなく、日付の計算、IF文による分岐など柔軟な計算ができるため、Salesforceのデータを加工する必要がある様々な業務の大幅な効率化を実現します。

■新バージョンの詳細はWebサイトで公開しています。

 https://gcsf.grapecity.com/docs/spreadsheet/ja

 ※以下は添付リリースを参照

 ・GrapeCity はグレープシティ株式会社の登録商標です。

 ・Salesforce および AppExchange はセールスフォース・ドットコム株式会社の登録商標です。

 ・そのほか、記載されている製品名は各社の登録商標または商標です。

 

◆一般の方のお問い合わせ先

 グレープシティ株式会社

 Enterprise Solutions 事業部 営業部

 es.sales@grapecity.com

 048-222-3001

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470455_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470455_02.pdf