LINE WORKS と SAP ジャパン、豆蔵でERP ソリューションの連携における協業を開始

〜豆蔵の対話型 AI エンジンと RPA 技術により連携を行い、LINE メッセージを送るような形で ERP へのアクセスが可能に〜

 

 ワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下ワークスモバイルジャパン)、株式会社豆蔵ホールディングス(証券コード:3756、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荻原 紀男)の事業会社である株式会社豆蔵(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中原 徹也、以下 豆蔵)、SAP ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAP ジャパン)の 3 社は、各社ソリューションの連携に関して協業を行うことに合意しました。

 今回の協業合意に基づき、3 社は、ビジネス版の LINE「LINE WORKS」と SAP のクラウド ERP である「SAP(R)Business ByDesign(エスエーピー・ビジネス・バイデザイン)」および中小企業向け ERP である「SAP(R)Business One(エスエーピー・ビジネス・ワン)」を連携し、2018 年 4 月より提供開始する予定です。両製品の連携においては、豆蔵が技術提供と開発協力を行い、同社の対話型 AI エンジン「MZbot」を搭載したチャットボットおよび RPA(Robotic Process Automation)技術を活用します。

 LINE WORKS には、チャットボットを仮想ユーザーとして登録可能で、今回 MZbot を介することで、LINE WORKS をインターフェースにして、メッセージを送るような形で ERP システムにアクセスし、在庫確認、発注処理などのさまざまな業務を実行することができます。チャットボットは SAP(R) Cloud Platform 上で稼働し、SAP HANA(R)のリアルタイム技術を活用するため、瞬時の返答が可能になります。

 今回の協業により、ワークスモバイルジャパンは、ビジネスユーザーに広く普及する SAP ソリューションの UI としてLINE WORKS を提供することで、ユーザーの拡大を図ります。豆蔵は、同社製品の SAP ユーザーへの展開強化を図ることはもちろん、SAP ソリューションの利便性向上に取り組むことで、同ソリューションを取り扱うグループ企業も含めた売上向上を目指します。また、SAP ジャパンは、これまで ERP をはじめコンピュータシステムを使ってこなかったユーザーに対しても利用を拡大するとともに、既存ユーザーに対しても、外出先からの ERP システムへのアクセスを容易にするなど、より利便性の高い機能を提供します。

以上

 ※以下は添付リリースを参照

 Copyright(C)2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

 SAP、SAP ロゴ、記載されているすべての SAP 製品およびサービス名はドイツにある SAP SE やその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

●お客様からのお問合せ

 ・ワークスモバイルジャパン株式会社

  Email: dl_prjp@worksmobile.com

 ・株式会社豆蔵

  電話:03-5339-2114

  E-mail:sales@mamezou.com

 ・SAP ジャパン株式会社

  電話:0120-786-727

  http://www.sap.com/japan/contactsap

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470403_01.pdf