MetaMoJi が、リアルタイム会議支援アプリ「MetaMoJi Share for Business」のアプライアンス製品「MetaMoJi Share Server 20」の販売を開始〜小型サーバー1台で20名までのペーパーレス会議を簡単に実現〜

 

 株式会社 MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、法人向けリアルタイム会議支援アプリ「Share for Business」のアプライアンス製品「MetaMoJi Share Server 20」を、2018年3月5日から販売開始します。価格は20ユーザーで80万円(税抜)からとなります。

 「MetaMoJi Share for Business」は、ペーパーレス化、業務効率化を可能にする、タブレットの特性を最大限に生かした、グループコミュニケーションアプリです。クラウドサービスと、オンプレミス製品を多くの企業にお使いいただいていますが、小規模で完全クローズドな環境でのご利用をお考えの企業からハードウェア込みの製品提供が求められていました。こうしたご要望にお応えするのが、「MetaMoJi Share Server 20」です。

 「MetaMoJi Share Server 20」は、標準で20名、最大で30名での利用が可能で、「MetaMoJi Share for Business」同様、iOS、Android、Windows環境でお使いいただけます。

 ※製品情報サイトはこちらをご覧ください。

 https://product.metamoji.com/share/server20

 *参考画像は添付の関連資料を参照

<価格>

 ・標準価格 (20ID) 80万円

 ・追加 10ID 10万円

 ・mazec オプション(10ID) 4万円

 ・長期オプション

 ・3年間保証 20万円

 ・5年間保証 35万円

  ※価格はすべて税別表記です。

<「MetaMoJi Share Server 20」の主要機能>

 ・ブラウザから簡単に配信。1分足らずで会議の準備が完了

 ・進行係が発表者を指名。会議進行をスムーズに運営

 ・書記モードで楽々議事録作成

 ・参加者全員が同時にポイント&メモ書きで伝えたいことを確実に伝達

 ・紙の資料と同様に自分だけのメモの作成も可能

 ・会議の録音を、書いた瞬間の時点で簡単に頭出し再生が可能

■「MetaMoJi Share for Business」について

 「MetaMoJi Share for Business」は、MetaMoJi Share for Businessは、ペーパーレス化、業務効率化を可能にする、タブレットの特性を最大限に生かしたグループコミュニケーションアプリです。

 資料の準備・配布から、会議の進行、会議後の振り返りまで、トータルにサポートする多彩な機能を搭載。参加者同士のスムーズな意思疎通を可能にし、会議運営の効率化を実現します。

 http://metamoji.com/biz/share.html

■株式会社MetaMoJiについて

 株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。

 http://www.metamoji.com/

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470243_01.jpg