Wi-Fi利用時のプライバシーを守る「カスペルスキー セキュアコネクション」Android版とiOS版を提供開始

〜安全性の低いWi-Fi利用時に通信内容を暗号化し、大切な情報やプライバシーを保護〜

 

 情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎、以下カスペルスキー)は、個人向けの仮想プライベートネットワーク(VPN)製品「カスペルスキー セキュアコネクション」のAndroid版およびiOS版の提供を開始します。これにより、既に提供しているWindows版とMac版に加え、モバイル端末での利用が可能となりました。カスペルスキー・オンラインショップ、Google Play ストア、App Storeで、2018年2月1日(木)から販売開始します。価格は1年版が2,900円(税込)で、最大5台の端末で利用可能です。4つのOS(Windows/Mac/Android/iOS)の端末を自由に組み合わせてご利用いただけます(※1)。

 駅やカフェなどの外出先で手軽に利用できる無料のWi-Fi(公衆無線LAN)の普及により、さまざまな場所でWi-Fiを利用する機会が増えています。その中には通信が暗号化されていないものや、ネットワーク(アクセスポイント)の提供元が不明なものなど、安全性の低いWi-Fiも存在しています。安全性の低いWi-Fiを利用すると、犯罪者などに通信を傍受され、個人情報やクレジットカードなど重要な情報が盗まれ悪用されたり、位置情報やデバイスのIPアドレスが特定されてプライバシーを侵害される可能性があります。

 カスペルスキーの調査(※2)によると、スマートフォン利用者の71.2%が無料Wi-Fiの利用経験があり、モバイル端末でのWi-Fi利用が活発に行われていることが伺えます。一方で、スマートフォン利用者の約8割(79.8%)は、通信を傍受されるなど安全性の低いWi-Fiのリスクについて詳しくはわからないと回答しています。Wi-Fiの利用は広がっている一方で、利用者は通信の安全性を確保するための知識を持ち合わせていないのが実情です。

 本製品は、接続するWi-Fiの安全性をチェックし、安全性が低いと判断した場合に通信を自動で暗号化します。そのため、Wi-Fi利用時のリスクを回避し、大切な情報やプライバシーを守りながら、Webサイトの閲覧、SNS、ネットショッピングなどを安心して楽しむことができます(※3)。またAndroid版では、Wi-Fiの安全性チェックに加えて、インターネットに接続するアプリ、接続するWebサイトのURLやカテゴリによる自動起動設定も可能です。

■カスペルスキー セキュアコネクションの主な特長

 ・VPNにより通信を暗号化し、情報が盗まれることを防ぎます。

 ・位置情報やIPアドレスが第三者に特定されることを防ぎます。

 ・安全性が低い回線への接続時に、自動的に通信を暗号化します。

 ・Android版では、インターネットに接続するアプリ、WebサイトのURL、Webサイトのカテゴリによる自動起動の設定も可能です。

 ・VPNサーバーの仮想ロケーションを複数の国や地域から選択(※4)できます。

 *以下は添付リリースを参照

 ・記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470242_01.pdf