IoT/M2M向けモバイルサービスの料金プランとSIM運用管理機能を大幅に改善

〜上り通信特化型料金プランとAPI/WebUIにより、IoT/M2Mスタートアップ企業を強力に支援〜

 

 株式会社NTTPCコミュニケーションズ(代表取締役社長:田中 基夫 本社:東京都港区、以下NTTPC)は、「Master’sONEモバイルM2M(以下、モバイルM2M)」において、画像や監視データなどのアップロードに適した上り通信特化型の新たな料金プランと、SIMカード(以下、SIM)の運用管理稼働を削減する各種API/WebUI(※1)(カスタマーコンソール)の新機能を、本日より提供開始します。

 これにより、IoT/M2Mでアップロードするデータ容量の増加に対応するとともに、SIMの即日発送(※2)が可能となるため、スタートアップ企業をはじめとしたIoT/M2Mサービス提供事業者(以下、事業者)に利用いただくことで、様々な業界で新規参入が相次ぐ事業者の迅速なビジネス展開を強力に支援します。

1.背景

 IoT/M2M市場の拡大に伴い、スタートアップ企業や中堅・中小企業による様々な新規ビジネスの開発・提供が加速度的に進んでいます。また、画像や音声など、テキストデータ以外の情報をアップロードするケースも増えてきました。一方で、これらのビジネスではモバイル通信費やSIM運用管理コストが費用の大部分を占めており、その削減が事業者にとって重要な関心事になっています。

2.サービス概要

 1)上り通信に特化した料金プラン

 本プランは下り通信に速度制限を設けることで、画像データや監視データなどのアップロード通信が多く発生するサービスに適した料金を実現しています。また月額固定料金のためデータ量に変動があっても追加料金はかからず(※3)、お客さまは本プランをご利用になることでIoT/M2Mデータを低コストで収集することができます。

さらに、通信量クーポン(※4)のご利用により、月間の通信量制限を超えてデータを送信したいときや、端末メンテナンスなどで発生する一時的な下り通信の増速にも対応できるため、柔軟なサービス運用が可能です。

 なお、双方向通信を必要とする事業者に向け、上り下りとも通信速度に制限のない料金プランも合わせて提供します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470117_01.pdf