ネットワールド、複合システム検証センター「GARAGE」における

ハンズオントレーニング環境を「Nutanix」で再構築

170台余の仮想マシンが稼働するハンズオン環境の準備時間を1/3〜1/6に短縮

インライン圧縮・重複排除機能の活用で、データ容量を従来の約1/3に削減

 

 ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、複合システム検証センター「GARAGE(ガレージ)」のハンズオントレーニング環境の再構築で、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー「Nutanix」を導入し、本格稼働開始したことを発表します。

 ネットワールドでは、現在10種類ほどのハンズオントレーニングのプログラムを用意していますが、受講者数やコース数が増加するにつれて、演習用仮想マシンの展開に多くの時間と手間がかかり、また、従来のストレージは圧縮機能しか備えていなかったため、テンプレートや演習環境の管理に必要な容量が確保できなくなりつつありました。1回のトレーニングで最大16名が受講可能で、1人の受講者が最大12台の仮想マシンを稼働させています。ピーク時には16名×12台=172台もの仮想マシンが稼働する上に、演習内容によっては、16人が同時にVDIを展開するため、性能面でも容量面でもかなり厳しい要求が課せられます。

 従来は別々だったテンプレート保存ストレージと演習に用いるストレージを、「Nutanix」による単一データストアに変更することで、フルクローン作業が不要になり、新しく構築したハンズオントレーニング環境では準備時間を1/3〜1/6に短縮できました。

 また、「Nutanix」は、コストを抑えながらインライン圧縮・重複排除機能を利用できるため、データ容量が従来の約1/3に削減され、今後のコース拡大などにも、十分対応できるようになりました。

◆導入の背景

 「GARAGE」は、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーをはじめとする最新機器を取りそろえ、システム構築に必要な論理検証を行うほか、リセラーやユーザー企業様対象としたハンズオントレーニング環境にも利用されています。

 ハンズオントレーニング環境は、大量のI/O集中にも耐えられるよう設計され、ローカルディスクにPCIe接続のフラッシュドライブを、演習環境用テンプレートの保存にハイブリッド・ストレージを使用していました。テンプレート保存用のストレージと、実際の演習に用いるストレージが異なるため、最初の1台目はフルクローンを行う必要があり、演習用仮想マシンの展開に多くの時間と手間がかかっていました。仮想マシンの展開だけで約3時間程度を要する上、起動確認やログイン確認なども必要で、トレーニングが連日開催される場合などには、長時間にわたって翌日の準備を行わなくてはなりませんでした。また、テンプレートや演習環境を複数世代にわたり管理していますが、従来のストレージは圧縮機能しか備えていなかったため、空き容量も逼迫の一途を辿っていました。

 そこで、サーバーとストレージの保守切れのタイミングを機に、新たなプロダクトの選定に着手した結果、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー製品「Nutanix」を採用しました。

 ※以下は添付リリースを参照

 記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0470002_01.pdf