「LINE@」が楽天市場出店店舗向けSNSサービスと連携

楽天市場での店舗運営にソーシャルメディアを活用できる、「R-SNS」サービスと新たに連携

LINEを通じた、ユーザーと出店店舗のコミュニケーションを実現

 

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」の出店店舗の店舗運営にソーシャルメディアを活用できる「R-SNS」(*1)サービスと新たに連携いたしましたのでお知らせいたします。

 *1 R-SNSとは、 LINE@やInstagram、FacebookといったSNSを、楽天市場での店舗運営における情報発信のツールとして利用したい出店店舗をサポートするサービスです。店舗の各SNSにおけるアカウント作成代行、集客や販売促進に役立つ企画開催、ノウハウや事例の提供などを行っています。

 「LINE@」は、日本国内で月間7,100万人(*2)が利用するLINEのユーザー基盤と高い利用率を活かした、ユーザーへのダイレクトな情報発信やビジネス活用が可能な店舗・企業向けLINEアカウントです。2012年12月の提供開始以来、主にユーザーと店舗・企業を繋ぐ販売促進のサポートサービスとして、飲食・アパレル・美容・宿泊施設など多くの店舗・企業に活用されており、2017年10月には認証済みアカウント数が30万件を突破、累計友だち数は1億7000万人超となりました。また、一般アカウントを含めた全アカウント数(*3)は210万件を超えております。

 *2 2017年9月時点

 *3 認証済みアカウント:当社所定の審査を通過することで、認証済みアカウントバッジが付与され、LINEアプリ内での検索結果にも露出されるようになります。さらに一部の機能や決済手段などが拡張されます。一般アカウント:個人、法人問わず、誰でも取得できるアカウントです。

 この度、「LINE@」はユーザーと出店店舗とのつながりのさらなる強化とコミュニケーションの進化を目指し、楽天市場での店舗運営にソーシャルメディアを活用できる、楽天の「R-SNS」サービスと新たに連携し、出店店舗への「LINE@」導入を開始いたしました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■「LINE@」を通じて深まる、出店店舗とユーザーのコミュニケーション

 楽天の「R-SNS」サービスとの連携により、ユーザーは楽天市場の出店店舗ページを通じて、当該店舗の「LINE@」アカウントを友だち追加することが可能になります。これにより、出店店舗は「メッセージ配信」や「タイムライン投稿」を利用してクーポンやセール情報をLINE上に発信したり、トーク画面で個別にやり取りをする「1:1トーク機能」で、ユーザーから直接問い合わせを受け付けたりすることが可能になります。

 これまでメールや電話で行なっていた商品やサービスに対する問い合わせ対応などを「LINE@」上でも実施することで、より迅速できめ細やかな満足度の高いコミュニケーションを実現し、リピート率の向上やユーザーのロイヤリティ醸成に寄与します。

 LINEでは、今後も店舗や企業とユーザーのコミュニケーションをより深めてまいりますとともに、コーポレートミッションである「CLOSING THE DISTANCE」の実現を目指し、様々なメニューを通じて、企業・事業者とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

 「LINE@」ご利用に関する各種お問い合わせ先:

 ・「LINE@」のお申し込みページ:http://lin.ee/6MMvSCD/lapm/press/ud

 ・「LINE@」公式ブログ(事例やノウハウをご覧頂けます):http://lin.ee/6y25487/lapm/press/ud

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469992_01.png