広島県とソフトバンクが

「AI・IoT等の利活用推進に向けた連携協定」を締結

 

 広島県(知事:湯崎 英彦)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、AI・IoT等の利活用推進による地域の活性化および県民サービスの向上を図るため、2018年1月30日に「AI・IoT等の利活用推進に向けた連携協定」を締結しましたのでお知らせします。

 広島県は「ひろしま未来チャレンジビジョン」の実現に向けた「県政運営の基本方針2018」に基づき、AI・IoT等の活用推進により業種や業態の壁を超えて商品やサービスを生み出し、新たな需要の創出を通じて県内企業の持続的な発展と成長を支援することとしています。今回、広島県とソフトバンクは本連携協定を機に、広島県に整備する、AI・IoTやビッグデータ等のデジタル技術を活用することで新しいソリューションを創出する「実証実験の場」において、広島県内外からの産業や人材の集積を図り、広島県の産業における生産性の向上とイノベーションによる新たな付加価値の創出実現に向けて相互に連携し、協力します。

■包括連携協定の概要

 1. 締結日

  2018年1月30日

 2. 協定の目的

  広島県においてAI・IoT等の利活用を推進して産業や人材の集積を図り、広島県の産業における生産性向上とイノベーションによる新たな付加価値の創出を目指すこと。

 3. 連携事項

 (1)商工業および農林水産業等、県内産業の振興・推進に関すること

 (2)県民の健康・福祉増進に関すること

 (3)土木建築事業の推進に関すること

 (4)災害対策に関すること

 (5)上記のプロモーションに関すること

 (6)その他、行政課題の解決をはじめ、地域の活性化および県民サービス向上に関すること

以上

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。