業界初!ビックデータやAIを活用した飲食店経営の「改善の仕組み」を開発 利益最大化へ導く、お店の経営アシスタント『Airメイト』2018年春より順次提供開始

 

 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)は、飲食業界初(※)となる飲食店経営の「改善の仕組み」を提供する、お店の経営アシスタント『Airメイト』(特許出願中)を2018年春より順次提供開始することをお知らせいたします。※2018年1月時点、当社調べ

 『Airメイト』の詳細はこちら https://airregi.jp/mate/

■『Airメイト』の開発背景

 経済産業省が発表した「平成26年 経済センサス‐基礎調査 事業所に関する集計」(2016年2月確報)によると、飲食店の廃業事業者数は、2012年2月から2014年7月の約2年半で12万4834件にのぼることが分かりました。これは仕入価格高騰や人手不足による人件費の増加などのコストアップが影響しているとみられます。

 またリクルートライフスタイルは、長年にわたり、飲食店やユーザーのニーズを調査し、新しいサービスの開発に取り組んでおりますが、近年「データを活用して経営課題を分析したいが、手間も時間もかかってしまい取り組めていないので、良い方法はないか」や、「新メニューの導入や価格変更が成功したのか、効率よく振り返れないか」などのご要望をいただくようになりました。

 このような飲食店を取り巻く状況や、お客様からの要望を受け、リクルートの業界におけるビックデータ、集積した経営ナレッジと併せて、AIをはじめとしたテクノロジーを活用し飲食店経営の「改善の仕組み」を開発するに至りました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469929_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469929_02.pdf