さくらインターネット、JPRS ドメイン認証型SSLサーバー証明書を提供開始

〜「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルから簡単設定〜

 

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、SSLサーバー証明書(以下、「SSL証明書」)サービス「さくらのSSL」の新商品として、株式会社日本レジストリサービス(以下、JPRS)のドメイン認証型SSL証明書を2018年1月30日より提供開始します。

 個人情報漏えいやフィッシング詐欺などの不正行為被害のリスクが高まる昨今、実在性の証明およびウェブサイトとの通信を暗号化して安全にインターネットを利用するためにSSL証明書の必要性が増しています。2014年からSEOでSSL証明書により暗号化されているサイトが優遇されるようになり、2017年には、主要ブラウザにおいて、クレジットカード情報などの個人情報を扱うページ以外でもSSL未導入のウェブサイトで警告メッセージの表示がされるようになり、ウェブサイト全体を暗号化する「常時SSL化」が急速に進んでいます。

 「JPRS ドメイン認証型SSL証明書」は、SSL証明書の申請者が、SSL証明書に記載されているドメイン名の登録者または管理者であることを証明するものです。「さくらのレンタルサーバ」(※1)で独自ドメインを利用中であれば、法人個人問わずコントロールパネルから簡単に、最短即日の発行・設定が可能です。また、信頼性の高さを訪問者にアピールするため、ウェブサイトにサイトシールを掲載できます。サイトシールをクリックすると表示されるSSL証明書の詳細情報は、日本語と英語に対応しています。

 さくらインターネットは、今後も常時SSL化および安全・安心なインターネット利用の推進に貢献してまいります。

<JPRS ドメイン認証型SSL証明書について>

■料金(税抜)

 有効期間1年:900円

 有効期間2年:1,700円

■提供開始日

 2018年1月30日(火)

■詳細

 https://ssl.sakura.ad.jp/jprs/dv.html

 ※1 「さくらのレンタルサーバ」、「さくらのマネージドサーバ」が対象です。

■さくらインターネット株式会社について

 本社:大阪府大阪市北区大深町4番20号

 設立:1996年12月23日

 従業員:416名

 資本金:22億5,692万円

 売上高:139億6,197万円(平成29年3月期)

 URL:https://www.sakura.ad.jp/