企業の事業継続を支援する「サイバー攻撃対応 BCPソリューション」を提供開始

BCP策定からセキュリティ対策の実施、監視運用、復旧までをトータルにサポート

 

 株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、/以下、日立システムズ)と株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、サイバー攻撃に備え、企業の事業継続を支援する「サイバー攻撃対応 BCP(※1)ソリューション」を本日から提供開始します。

 本ソリューションは、両社の強みであるセキュリティ関連の製品・サービスを生かし、サイバー攻撃に特化したBCPの策定からBCPに沿ったセキュリティ対策の実施、監視運用、復旧までをトータルにサポートし、企業の事業継続を支援するものです。

 本ソリューションの中でも、このたび新たに提供を開始する「サイバー攻撃対応 BCP策定コンサルティング」は、情報セキュリティの国際的な規格であるISO27001のリスクアセスメントを基準にしており、金融・公共・産業などのさまざまな業種で両社が約20年にわたり行ってきたセキュリティ対策や、IT-BCP対応の知見を生かし、企業の業態や予算に応じたBCPの策定を支援します。

 また、BCPに沿ったセキュリティ対策の実施から監視運用、復旧までのプロセスにおいても、適切なセキュリティ対策のシステムやサービスの提供、Security Operation Center(SOC)によるネットワーク機器やエンドポイントの24時間365日の運用監視など、約2,000名のセキュリティスペシャリストによる多様なサービスを提供します。

 ※1:Business Continuity Planの略。企業が自然災害や大火災、サイバー攻撃などを受けた場合に、被害を最小限にとどめ、早期復旧を図るために、平常時や緊急時の事業継続するための方法・手段を取り決めておく計画のこと。

 *図1は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469864_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469864_02.pdf