第四銀行様と中国銀行様が審査システムを共同開発、アイティフォーのシステムが採用

〜共同開発で販売体制・事務を抜本的に改革、開発コストも大幅削減〜

 

 株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、株式会社第四銀行様(新潟県新潟市、取締役頭取:並木富士雄)と株式会社中国銀行様(岡山県岡山市、取締役頭取:宮長雅人)が審査システムの共同開発を行い、そのシステムにアイティフォーの「SCOPE 個人ローン業務支援システム」および「個人ローンウェブ受付システム」が採用されたことを本日発表します。第四銀行様および中国銀行様は基幹系のシステム共同化・提携グループの「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」(注1)に属していますが、さらに個人ローンの営業体制、審査業務の抜本的な改革を目指し、共同開発を決定したものです。

■共同開発の目的と期待する効果

 両行は個人ローンの営業体制、審査業務の抜本的な改革と顧客サービスの向上を目指し、「受付、添付書類イメージの取得、契約までをすべてウェブで完結」できるシステムの構築を共同で開始しました。システム構築においては、例えばローン申し込み画面・書類の様式を統一するなど、定期的に開催される全体会議において共通化の策定を進めています。システムの共同開発により1行あたりのシステム開発コストを大幅に削減することが可能となります。

■柔軟な共同開発を目指す

 両行共同での開発を進めていますが、システムのすべてを共同化するのではなく、各行に必要な固有の機能については個別に構築することで各行のニーズを満たすなど、柔軟さを持った共同開発を目指しています。

■今回採用されたシステム

 今回採用された「SCOPE 個人ローン業務支援システム」は、個人ローンの申し込みをウェブや営業店窓口などにて受付後、個人信用情報機関への照会、照会結果の名寄せや集計、融資条件への適合性や過去の取引状況のチェックなどを自動化し、審査の効率化を実現します。また、様々な自動チェックルールをユーザーにて変更可能としているため、導入後の運用変更にも柔軟に対応できるという特長を持ちます。

 「個人ローンウェブ受付システム」は個人の顧客がスマートフォンやPCからウェブ経由で個人ローンを申し込めるシステムです。「申し込みデータ」は「SCOPE 個人ローン業務支援システム」に連携され、審査判定後には審査結果を電子メールなどで通知します。

 さらに、審査や契約に必要な書類の受付や、契約手続までをウェブで完結できる完全非対面でのスキームを実現するものです。

 当社は今後も地域金融機関の業務改革と顧客サービス向上への取組みをサポートしてまいります。

 (注1)TSUBASA金融システム高度化アライアンス:フィンテックをはじめ先進的なIT技術を調査・研究するために発足した枠組みで、現在、千葉銀行、中国銀行、第四銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行の6行が加盟しています。

■関連製品

 ・SCOPE 個人ローン業務支援システム

  http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/scope/index.html

 

 ・個人ローン申込ウェブ受付システム

  http://www.itfor.co.jp/solutions/finance/housing_loan_web/index.html

■株式会社アイティフォーの概要

 ・代表者:代表取締役社長 東川 清

 ・本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル

 ・事業内容:システムインテグレーター(システム構築)

 ・東証第一部(4743)

 ・URL: http://www.itfor.co.jp/