イオンモール幕張新都心駐車場におけるETCカード決済利用の試行運用開始

〜商業施設では首都圏初!(ETC多目的利用サービス拡大に向けた取り組み)〜

 

 アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:津田博之)は、首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田年耕)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:東原敏昭)、及び、首都高ETCメンテナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:本田公貴)と共同で、「ETCの多目的利用サービスの拡大に向けた取り組み」の一環として、イオンモール株式会社(本社:千葉県千葉市)の協力のもと、イオンモール幕張新都心ファミリーモール駐車場において、ネットワーク型ETC技術(※1)を用いた試行運用を2月28日から行います。

 試行運用にあたり、本日1月26日より、イオンモール幕張新都心ファミリーモール駐車場の利用者を対象にモニター募集を開始します。モニター登録いただくとETCで入場管理され、無料時間を超えて料金が発生しても、ETC決済によりスムーズに出場できるようになります。

 試行運用期間:平成30年2月28日(水)10:00〜平成30年3月27日(火)23:00

 試行運用場所:イオンモール幕張新都心 ファミリーモール駐車場(別紙2参照)

 試行運用概要:ネットワーク型ETC技術を活用したシステムを構築し、駐車場の入庫時・出庫時にETCカード番号を用いて通信・決済処理を行う一連のシステム動作を確認します(背景・目的は別紙3参照)。

 モニター募集期間:平成30年1月26日(金)14:00〜平成30年2月27日(火)17:00

 モニター募集要件:別紙1参照

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 ※1:ネットワーク型ETC技術とは、遠隔地に設置したセキュリティ機能を有した情報処理機器と、駐車場等における複数の路側機を通信ネットワークで接続し、路側機で取得した情報を集約させて一括処理することで、ETCカードを用いた決済の安全性を確保する技術。

 *別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469618_01.JPG

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469618_02.pdf