NTT DATA Technology Foresight 2018 を公開

〜技術革新が導くデジタル社会の将来展望をグローバルで策定・展開〜

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、情報社会を取り巻く大きな潮流とITのトレンドを示す「NTT DATA Technology Foresight 2018」を、2018年1月25日に公開しました。

 AI(人工知能)を中心に革新を続ける今日のIT技術は、社会のしくみを未来へ前進させるとともに、既存のビジネスモデルをも新たなステージへと導いていきます。デジタル化が進み、社会変革の次なる出発点にある現在において、最適な経営判断を行うには、将来変化を捉え、進むべき道を解き明かすことが重要です。

 NTTデータでは、政治・経済・社会・技術の4軸で変化を捉え、そこから導出した将来予見を「情報社会トレンド」と「技術トレンド」の2種類のトレンド情報として2012年から毎年策定・公開しています。「NTT DATA Technology Foresight 2018」では、AIに注目し4つの情報社会トレンドと、8つの技術トレンドを導出しました。

■背景

 デジタル化が進み、さまざまな形のAI(人工知能)が我々の生活やサービスと密接に関わっていく現状は、社会変革の次なる出発点にあるともいえます。今後は社会生活のあらゆる場面でAIの活用が進み、人々の意思決定や行動をサポートしていくと想定されます。

 また、革新的な技術は国境を越えてビジネスを変化させ、その影響は素早く拡散していきます。こうした状況の中でさらに多くのイノベーションを生み出し、革新的なビジネスを創出し続けていくためには、ビジネスパートナーである世界中のお客さまの持つ豊富なアイデアとNTTデータグループが持つ知見やノウハウとを結びつけることが大きな強みになると考えます。

 NTTデータでは、先進技術や社会動向の継続的な調査により得た将来変化をトレンド情報として公開しています。このトレンド情報を基に、世界中のお客さまと将来に向けたコミュニケーションを深めていきます。

 >「NTT DATA Technology Foresight」特設サイト

 http://www.nttdata.com/jp/ja/insights/foresight/

■トレンド情報

 NTT DATA Technology Foresightでは、産業の情報化とそれを中心に発展する社会に対し、政治、経済、社会、技術の4軸で現在の動向を捉えた上で、今後3年から10年の間に大きなインパクトを与える将来の変化を「情報社会トレンド」と「技術トレンド」の2つで示しています。

 「情報社会トレンド」では、情報社会における情報化の方向性および社会発展の潮流を示し、「技術トレンド」では、情報社会トレンドを牽引する革新的技術の潮流を示しています。

 革新的技術の一つであるAIはあらゆる場面への適用が期待される一方で、大量の学習データが必要といった点や、チューニング等に専門知識が必要といった点がAI活用の課題として挙がっています。これらの課題に対応していくための技術として、深層強化学習や転移学習といった少ない学習データでのAI活用を実現するための技術が注目されています。また、ITインフラの領域においては、飛躍的な計算能力の向上が期待される新たなコンピューティングのアーキテクチャとして量子コンピュータが登場し、その実用化に向けて研究が進んでいます。

 このような革新的技術の発展を背景に、フィジカルの世界とデジタルの世界が益々融合してきています。社会生活のあらゆる場面でのAIの活用は、それを更に加速させていき、人々の考え方や行動が従来の常識や規範等の枠を越えて、新たな方向へ進んでいきます。

 NTT DATA Technology Foresight 2018では、このようなAIなどのブレークスルーの期待が高まっている技術と、それら技術がもたらす社会発展の方向性に着目し、4つの「情報社会トレンド」と、8つの「技術トレンド」を導出しました。

 ※以下は添付リリースを参照

■注釈

 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

■別紙

 http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2018/012501-01.html

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469471_01.pdf