「J-Marine NeCST」の商用運用を開始します

 

 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒健次、以下 JRC日本無線)は、運航支援装置「J-Marine NeCST(ネクスト)」の商用運用を正式に開始します。

 J-Marine NeCST(*)は、電子海図への手書き情報や気象情報等の重畳表示、ブリッジに搭載しているECDIS(**)との情報連携等により、航海計画の効率的な立案を可能とする運航支援装置です。

 (*)NeCST:Navigational electronic Conning Station Table

 (**)ECDIS:Electronic Chart Display and Information System

 航海計画と航路監視における船舶の安全航行を支援するための電子海図情報表示装置

 JRC日本無線は、これまで船上にてJ-Marine NeCSTの試験運用を重ねてきましたが、その試験にて得られた様々な改善点を反映し、この度、郵船クルーズ株式会社の運航船「飛鳥II」に商用第一号機を搭載し、商用運用を正式に開始します。

 JRC日本無線はこれからもJ-Marine NeCSTをさらに進化させ、将来の自動運航を見据えた船陸間の情報共有の実現、および安全運航に寄与するソリューションを提供していきます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469323_01.JPG