フォーバルテレコム、RPAツールと「ASTERIA WARP」を連動し、

RPA適用範囲を拡張。業務の完全自動化を実現!

手作業から自動化されたことで人的ミスはゼロ、月50時間以上の業務時間の削減へ

 

 株式会社フォーバルテレコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷井 剛、証券コード:9445、以下 フォーバルテレコム)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 インフォテリア)は、フォーバルテレコムがPC操作の自動化と複雑な業務やバックエンド業務に至るまでの一連の業務処理を完全自動化するため、RPAツールのWinActor(開発:NTTアドバンステクノロジ株式会社)とASTERIA WARPを連動したことを発表します。これにより、月末月初に集中する担当者の業務を大幅に削減。現在、既に月8時間以上の業務時間の削減効果が出ていますが、今後は月50時間以上の削減効果を導き出せる見込みです。その他にも、手作業から自動化されたことで、人的ミスをほぼゼロにするなどの多大な効果が得られました。

■RPAツールのWinActorとASTERIA WARPの連動イメージ

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

■フォーバルテレコムがRPAツールを「ASTERIA WARP」と連動した背景と効果

 フォーバルテレコムは、5年前にASTERIA WARPを導入し、受注・決済に関わる業務処理を自動化していました。しかし、その後のビジネス拡大により、当初はシステム化するほどではないと考えていた手作業を中心として人的労力を伴う処理件数が増え、担当者の業務時間が大幅に増加しました。

 これを解決するため、2017年6月にRPAツール「WinActor」を導入し、ASTERIA WARPで生成したデータをもとに請求書の作成業務など月末月初に集中するPC上での単純作業を自動化。その一方、代理店から入手した情報の基幹システムへの登録業務などでは、ASTERIA WARP実行前に登録データを特定のフォルダーにセットするなどの事前処理が必要でした。このような有人操作の必要な処理が60種類ありました。これらの事前処理にWinActorを利用することで、フロントエンドからバックエンドまでの処理を完全自動化し、これにより担当者の業務負荷は大幅に削減され、人的ミスも防止できる体制を構築することができました。

 ※以下は添付リリースを参照

 インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。

 その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469307_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469307_02.pdf