※本資料は、1月18日(現地時間)に発表された英語版プレスリリースの抄訳です。

ウエスタンデジタル、オンプレミスのビッグデータ環境向け

ミッドレンジのエンタープライズハードディスクドライブ製品を拡充

 

 ウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は、このたび新たに4テラバイト(TB)、6TB、8TBのAir-baseのハードディスクドライブのミッドレンジシリーズを追加し、エンタープライズカスタマー向けのポートフォリオを拡充します。ウエスタンデジタルは、ヘリウム充填技術HelioSeal(R)と業界をリードする大容量の製品により、新たな水準の総所要コスト(TCO)を実現しています。本日発表した新製品は、ハイパースケール環境よりも小規模なデータセットを持つ企業のデータセンターが、分析や分散ファイルシステムなど幅広いビッグデータアプリケーションでデータを活用することを可能とします。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 ウエスタンデジタルは、10TB、12TB、14TBのドライブでハイパースケールやクラウド環境向けの大容量エンタープライズハードドライブ市場を牽引しています。ヘリウム充填技術HelioSealが大容量化、高密度化を実現して、優れたTCOを提供しています。しかし、多くのアプリケーションはデータセットが比較的小さく、容量を抑えた複数のAir-baseのハードドライブを導入することにより、最適なパフォーマンスを実現しています。従来のデータセンターシステムの多くが今でもRAIDベースのブロック&ファイルシステム向けに適切な容量ポイントの製品を採用しています。

 ウエスタンデジタルのデバイスビジネスユニットでマーケティングバイスプレジデントのブレンダン・コリンズは、次のように述べています。「ビッグデータの増大により、幅広いアプリケーションにおいて大容量のニーズが高まっています。ミッドレンジのアプリケーションは1TBや2TBの構成からより大きな容量に移行する段階に来ています。我々の新たなエンタープライズソリューションは、当社の大容量エンタープライズ製品ラインがリードする優れた高密度化技術とTCOを、Air-baseハードドライブ設計と融合させ、OEMのお客様のデータセンターをクラウドに移行するのではなく、オンプレミスでビッグデータを管理するソリューションを提供します」

 Apache Hadoop(R)などの分散ファイルシステムのワークロードでは、ビッグデータ解析の際にパフォーマンスを維持するため、より高いアクセス密度が必要とされます。このようなアプリケーションの「スイートスポット」となる容量は4TB、6TB、8TBです。ウエスタンデジタルの新たなエンタープライズソリューションは、このような領域を念頭に設計されており、ストレージOEMパートナー向けのエンタープライズレベルの性能と仕様による幅広い容量と価格をエンドカスタマーに提供して、今日のデータセンター設計に求められる整合性を実現します。

 新しいUltrastar(R)7K6は、認定評価向けに4TBと6TBの容量で提供され、新たに4枚のディスクを搭載したAir-base設計のエンタープライズクラスの製品です。この製品は前の世代のUltrastar7K6000より性能が最大12パーセント向上しており、従来のストレージやサーバーアプリケーションのほか、ブロック&ファイルストレージアーキテクチャーを含む分散コンピューティング、スケーラブルコンピューティング向けの製品です。2018年第1四半期後半には、Air-base設計で、5ディスクプラットフォームでは第9世代となる8TBのUltrastar7K8の提供開始を予定しています。Ultrastar7K6、7K8について詳しくはウェブサイトをご覧ください。

 4TB、6TB、8TBの製品は2018年第2四半期に量産体制に入る予定です。メディアキャッシュとフラッシュベースの不揮発キャッシュ(NVC)の採用により、書き込み性能を向上しています。本日発表した製品は、SASまたはSATAインターフェースで提供し、MTBF(平均故障間隔)はエンタープライズクラスの200万時間を実現しています。

 *以下は添付リリースを参照

 (C)2018 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

 Western Digital、Western Digital ロゴ、G-Technology、SanDisk、Tegile、Upthere、WD、Helioseal、Ultrastarは、米国およびその他の国における Western Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。Apache Hadooは米国およびその他の国におけるApache Software Foundationの登録商標または商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469301_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469301_03.pdf