業務マニュアルを作れる・訳せる・配れるクラウドサービス

「AiLingual(R)」、コニカミノルタジャパンでの取扱い開始

 

 コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:原口 淳、以下コニカミノルタジャパン)は、業務マニュアルを作れる・訳せる・配れるクラウド型のナレッジ共有プラットフォーム「AiLingual(R)」の取扱いを1月22日より全国で順次開始いたします。

 ※参考画像・ロゴは添付の関連資料を参照

■「AiLingual(R)」取扱い開始の背景

 コニカミノルタジャパンは、働き方変革の自社実践など、すべての人が柔軟に、創造的かつ健康に生活できる社会のため、お客様に寄り添い、ともに成長していくことを目指しております。いま、日本では人材不足やダイバーシティ推進の観点から、マニュアル化によって、属人化しがちな業務ノウハウやナレッジを蓄積し、従業員の習熟度を向上させ、事業継承していくことが期待されています。また、多くの業種において日本語を母語としない従業員を雇用する機会が増加しており、業務マニュアルのみならず就業規則など多岐にわたるドキュメントを素早く多言語化することが必要とされています。

 「AiLingual(R)」は、多言語ドキュメントの作成・共有・フィードバックをワンストップで実現するサービスです。これまでは、企画・開発元であるコニカミノルタBIC(Business Innovation Center)Japanで限定的に販売してまいりましたが、このたびコニカミノルタジャパンが全国での取扱いを順次開始し、より多くの業種・業態においてお客様の働き方変革への貢献を目指します。

■「AiLingual(R)」が提供する価値

1. 動画を含むマニュアルが簡単に作成可能

 動画、画像、テキストを含んだマルチデバイス向けのマニュアルを、Webサイト制作の専門知識が無くても簡単に作ることができます。2言語を併記することもできるため、指導者と学習者の母語が異なる場面でも役立ちます。

2. 20カ国語に対応(*1)

 多言語化をアシストするAI翻訳は20カ国語対応です。業界・社内特有の専門用語の登録数を増やすことで、翻訳の精度が向上します。

3. マルチデバイスで見やすい閲覧サイトで共有

 作成したドキュメントは、パソコンやタブレット、スマートフォンなど、どのデバイスでも見やすい閲覧サイトで共有することができます。閲覧サイトへは、グループやユーザーを指定してワンクリックで公開でき、閲覧者は、コメントによるフィードバック可能です。

 「AiLingual(R)」紹介URL:https://www.konicaminolta.jp/ailingual/

 ※以下は添付リリースを参照

 

◆本件に関するお問い合わせ

 ・お客様

 コニカミノルタジャパン株式会社

 お客様相談室

 TEL:0120-805-039

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像・ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469208_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469208_02.pdf