2017年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

 

<パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況>

 ○12月の出荷台数は75万6千台(前年比96.2%)となった。うちデスクトップ:18万2千台(同98.3%)、ノート型:57万4千台(同95.6%)であった。ノート型比率は75.9%であった。

 出荷金額は661億円(前年比97.1%)となった。うちデスクトップ:149億円(同102.0%)、ノート型:511億円(同95.8%)であった。

 12月は、台数・金額共に前年同月を下回った。

 ○第3四半期(10〜12月)の出荷台数は165万6千台(前年比98.0%)となった。うちデスクトップ:41万8千台(同98.6%)、ノート型:123万7千台(同97.8%)であった。ノート型比率は74.7%であった。

 出荷金額は1,495億円(前年比100.7%)となった。うちデスクトップ:358億円(同100.4%)、ノート型:1,137億円(同100.8%)であった。

 第3四半期は、台数は前年を下回ったものの、金額は前年を上回った。

 ○2017暦年(1〜12月)の出荷台数は677万7千台(前年比95.5%)となった。うちデスクトップ:175万6千台(同98.9%)、ノート型:502万1千台(同94.4%)であった。ノート型比率は74.1%であった。

 出荷金額は6,207億円(前年比99.7%)となった。うちデスクトップ:1,517億円(同98.7%)、ノート型:4,690億円(同100.0%)であった。

 暦年は、台数は前年を下回ったものの、金額はほぼ前年並みとなった。

<調査対象>

 2017年度 自主統計 参加会社

 アップルジャパン(株)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、東芝クライアントソリューション(株)、パナソニック(株)、富士通(株)、(株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株) 計8社

 ※表資料は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469204_01.JPG