富士ソフトと日本マイクロソフト、

企業のデジタルトランスフォーメーションを実現する

IT環境の最適化と最新化に向けて連携

 

 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、2020年1月のWindows 7のサポート終了と2020年10月のMicrosoft Office 2010のサポート終了に向けて、お客様に最適で 最新のIT環境をお届けするため、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)と連携して、最新のWindowsとOfficeへの移行支援および統合ソリューションMicrosoft 365の導入/活用に 関する相談窓口として「富士ソフト Windows 10 / Office 365 移行支援センター」を本日1月23日(火)に開設いたします。

 昨今、急激に高度化するコンピューターウィルスなどのセキュリティの脅威や、ワークスタイルの多様化などの働き方改革で、企業は時代のニーズに合わせた対応が求められています。いつでもどこでも安全に生産性を確保するためには、最新のIT環境への移行が必要です。

 今回開設する移行支援センターは、2020年のWindows 7とOffice 2010のサポート終了に向けたお客様の課題解決を支援いたします。お客様相談窓口では、これまで富士ソフトが蓄積してきた様々な業種業態のシステム案件などの広範囲にわたる知識と経験を活かし、移行や導入に取り掛かるための必要事項や検討のポイントなどの情報を無償でご提供いたします。また、移行や導入に関する様々なサービスメニューを準備しており、お客様毎の課題に対する最適な解決策をご提案いたします。お客様の疑問に迅速に対応することにより、移行の省力化とコスト削減を支援いたします。また、今回のサポート終了を機会にIT環境の最適化や最新化をご検討のお客様には、PCの置き換えやOSの移行、Officeアプリの移行に限らず、Microsoft 365の導入/活用を支援いたします。

 Microsoft 365は、最新の統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」、最新オペレーティングシステム「Windows 10」、ID ベースのセキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」が含まれるインテリジェントな統合ソリューションです。Microsoft 365を活用した“働き心地”を体感いただけるメニューでは、お客様に最適な新しい働き方や業務環境を検討いただくことができます。

 日本マイクロソフトは、同センターの各種サービスに対して技術支援をおこなうとともに、富士ソフトと協同で同センターを中心とした全国各地でプラットフォーム移行や働き方改革をテーマとしたセミナーを開催します。

 富士ソフトと日本マイクロソフトは、引き続き高い生産性と堅牢性を持ったお客様の業務基盤構築を支援してまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 ※Microsoft、Windows、Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国、日本及びその他の国における登録商標または商標です。

 ※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469178_01.pdf