国内産業用ネットワーク機器市場予測を発表

 ・国内産業用ネットワーク機器市場は、2017年で85億円と小規模ながらポテンシャルの高い市場

 ・2017年〜2022年の年間平均成長率21.4%で成長し、2022年には224億円規模に

 ・市場の中心は産業用イーサネットスイッチだが、ネットワークの高度化と共に産業用ルーターと無線LANアクセスポイントが大きく成長と予測

 

 IT専門調査会社IDC Japan株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1−13−5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03−3556−4760)は、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を初めて発表しました。これによると、国内産業用ネットワーク機器市場は、2017年〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)で21.4%と非常に成長率の高い市場であることが明らかになりました。

 厳しい設置環境でも動作するように設計された産業用ネットワーク機器市場は、決して新しい市場ではないものの、IoT(Internet of Things)の活用が進む中で関心が集まっています。また、ネットワーク接続されていない「グリーンフィールド」が産業用ネットワークには多く残されており、成長の余地は大きいとIDCではみています。2017年の市場規模が85億円と大きな市場ではありませんが、2022年には224億円にまで拡大すると予測しています。また、オフィスなどに導入される一般用企業向けネットワーク機器市場の成長率が、プラスマイナス1%前後とほぼ横ばいであることを考えると、産業用ネットワーク機器市場のポテンシャルの高さが分かります。

 産業用ネットワーク機器市場を構成する製品セグメント別に見ても、いずれも大きな成長が見込まれます。2017年〜2022年のCAGRは、産業用イーサネットスイッチが15.0%、産業用ルーターが57.6%、産業用無線LAN機器が65.6%と予測しています。2017年の市場規模でみると、産業用イーサネットスイッチがほとんどを占めています。しかしながら今後、より高度で可動性の高い産業用ネットワークの導入が進み始めると、産業用ルーターと無線LANアクセスポイント市場も本格的に立ち上がるとみています。

 グリーンフィールドを目指して新規参入するベンダーも現れている中で、「産業用ネットワーク機器市場に未参入の企業向けネットワーク機器ベンダーは、数少ない成長市場として参入を積極的に検討すべきである。一足飛びに最も厳しい環境に耐える製品を作る必要はない。防水防塵性能の強化や、DINレール対応といった新筐体の開発から始めればよいのである。ただし、長期間の戦いを覚悟して市場参入すべきである」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一は述べています。

 今回の発表はIDCが発行した「国内産業用ネットワーク機器市場予測、2018年〜2022年」(JPJ42846917)にその詳細が報告されています。本レポートでは、2022年までの製品セグメント別市場規模予測に加えて、主要産業分野別でも分析しています。また、産業用イーサネットスイッチ市場については、レイヤー/フォームファクター別に予測しています。

 (※詳細についてはIDC Japanへお問い合わせ下さい。)

■レポート概要はこちら

 ・国内産業用ネットワーク機器市場予測、2018年〜2022年

  https://www.idcjapan.co.jp/Report/Com_Network/jpj42846917.html

<参考資料>

 国内産業用ネットワーク機器市場 売上額予測、2017年〜2022年

 *添付の関連資料を参照

 

◆一般の方のお問い合わせ先

 IDC Japan(株)セールス

 TEL:03−3556−4761

 FAX:03−3556−4771

 Email:jp-sales@idcjapan.co.jp

 URL:https://www.idcjapan.co.jp

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469138_01.JPG