LTEマルチキャリア対応リナックスゲートウェイ「Rooster NSX7000」を発売

 

 サン電子株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長 山口正則 ジャスダック:6736 以下サン電子)は、LTEマルチキャリア対応リナックスゲートウェイ「Rooster NSX7000」(ルースターエヌエスエックス7000)を2018年1月22日(月)より出荷を開始いたします。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 ・製品名:Rooster NSX7000(ルースター エヌエスエックス7000)

 ・製品型番:SC-RNSX7000

 ・標準価格:オープンプライス

 ・発売日:2018年01月22日出荷開始

 国内3rdパーティ通信BOX市場にて5年連続シェアNo1(※1)の「Roosterシリーズ」の最上位モデルであるNSX7000は、豊富なインターフェイスと耐環境性を備えた高性能ハードウェアスペックに加え、搭載されている通信モジュールはNTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(※2)(いずれもMVNO含む)に対応していますので、キャリアに合わせて機器を変更する必要がなく、ユーザーが利用したいモバイル回線を自由に選択することが可能です。

 また「Oracle Java SE Embedded 8 Compact Profiles」を動作させることが可能なので、Javaによるアプリケーション開発が可能なリナックスゲートウェイです。

 さらに遠隔監視で高まるIoT/M2M通信機器のニーズに応え、大規模運用管理を容易にするIoT/M2M遠隔管理サービス「SunDMS(サンディーエムエス)」に対応、運用コストを大幅にダウンさせることが可能となります。

■Rooster NSX7000の主な特長

 ●豊富なインターフェイス

  標準インターフェイスとしてEthernet、USB2.0、RS-485を搭載しつつ、拡張ボードにより柔軟に各種通信インターフェイスを拡張することが可能です。

 ※予定:海外対応通信モジュール・DIDO接点・RS-232C・Wi-Fi・BLE・ストレージなど

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 ※「Rooster」はサン電子株式会社の登録商標です。

 ※その他、記載されている社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469059_01.png

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469059_02.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469059_03.pdf